インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ブラジルワールドカップで思うこと

残念ながら日本はワールドカップのグループリーグで敗退した。FIFAのランキングからいえば順当な結果とも言えるが、もう少しドキドキできれば良かったなと思わざるをえない。早くも次期監督は誰だの、何がいけなかったのかなどが様々な記事になっているが、正直大切なことを見落としている気がする。企業活動になぞらえて、私が感じる日本代表の戦いぶりに関する違和感を書いてみたい。

Image courtesy of vectorolie / FreeDigitalPhotos.net

「日本らしい」とは何か

どんな分野でも各社とも製品開発でしのぎを削っている。自社の強みを活かし、他社が真似をできない製品を生むため、研究開発を行っている。時として「自分たちが良いと思う製品」を開発している場合もある。市場をよく見極めた上で良いと思うのであれば良いが、えてしてひとりよがりの良い製品を開発してしまい、散々な目にあうというのは不思議と珍しくもない。

さて、ブラジルでの戦いでは「日本」らしさが出ていなかったという感想が多く聞かれるが、はたして「日本らしさ」とは何かを明確にし、細部まで詰め切れていたのであろうか。様々な場面を想定して、それぞれの場面での日本らしさとは何か、が追求されていったようには、少なくとも私の目には映らなかった。

自分たちのサッカーをするだけ

市場には自社の1社のみという状況はまず考えられず、絶えず他社との競争だ。そこで「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子の言葉がよく引用されるのだ。

「相手は関係ない。自分たちのサッカーをするだけ」という発言ほど違和感がある言葉はない。。例えばコートジボワール戦。日本は攻撃的、コートジボワールも攻撃的。こうなれば、どちらが引けば、自分たちの形ではなくなってしまうのは明らか。案の定、日本は守勢に回らされてしまった。相手を分析すれば、どこでどう引けば守勢に回らされてしまうか、わかりそうなものだ。わかっていて、回避できなかったのかもしれないが、準備不足だと言われても言い訳できないのではないかと思う。

戦略と戦術

前回のワールドカップでは守備的にいって、ベスト16入りし、今回は攻撃的を標榜してグループリーグ敗退。だから次はどちらにするか、という議論がある。考えてみれば、前回もワールドカップ開始直前まで攻撃的であることを目指していたが結果が散々だったため、急遽守備的に切り替えた。当時の岡田監督を賞賛する声も多いが、ワールドカップ前までの準備は、全く無駄とは言わないまでも、遠回りしたことは間違いない。戦う準備と計画という意味での戦略は大失敗だったわけだ。今回はあくまで攻撃的であることを貫こうとしたが、できなかった。先に述べた準備不足にもつながるが、結局戦略的に失敗したのは同じだ。

監督の立場から見れば、サッカーはいざ、ゲームが始まってしまえば出来ることは、ピッチの横から叫んで指示を出す、ハーフタイムに指示を出す、3人の交代枠を使う、ぐらいで、いずれにしろ限られている。だからこそ戦略が重要なのだ。

次回ワールドカップに向けての準備がもう始まっている。勝ち負けはともかく、夢を持てるような戦い方を期待したい。