インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

開発者が腕を磨くためのプログラミング・ブートキャンプ

プログラミング・ブートキャンプといえば、開発者がその分野の必要な知識を身に付けるための場所だが、経験ある開発者向けとなると、あまりない。そこでCode Fellowsというスクールでは、開発アクセラレータとして、経験ある開発者向けのコースを設置した。ただその仕組みは面白い。SD Timesの記事から。

Experienced developers can now sign up for an eight-week Development Accelerator course at Code Fellows. Those who sign up should already know the essentials of data structures and algorithms, as well as be able to write basic apps. While this sounds like a great opportunity, the price can be steep. A Development Accelerator course can cost US$10,000. Financing is available, but does the cost of the course outweigh the skills to be taught?

「経験ある開発者であれば、Code Fellowsの8週間にわたる開発者アクセラレータコースにサインアップできる。サインアップする者は、データ構造、アルゴリズムに加えて、基本的なアプリを書くための基礎を取得している必要がある。これは非常に魅力的に聞こえるが、その価格は半端ではない。開発者アクセラレータコースは1万ドルかかる。融資も用意されているが、はたしてこのコースのコストは、教える内容に見合っているのか?」

Image courtesy of graur razvan ionut / FreeDigitalPhotos.net

Code Fellows guarantees that it will help developers land a high-paying job offer. According to the digital school, 81% of its graduates received a job offer within three months of graduating, with an average starting salary of $75,600 a year. In addition, the top reported Code Fellow graduate salary of 2013 was $155,000.

「Code Fellowsは、開発者が高サラリーのジョブにありつけることを保証する。同校によれば、卒業者の81%が卒業後9ヶ月以内に仕事を得ており、その平均サラリーは、年75,600ドル、2013年のCode Fellowの卒業生の中でトップは155,000ドルであった。」

Code Fellows will also refund tuition if graduates don’t find a job after nine months of graduating a Development Accelerator course.

「Code Fellowsはまた、開発者アクセラレータコースの卒業生が卒業後9ヶ月以内に仕事を見つけられなかった場合、授業料を払い戻す。」

なかなか大胆な戦略だ。フルスタック(インフラからアプリまでの幅広い領域)、JavaScript、iOS、Ruby on Rail、Python、フロンエンドのユーザ・エクスペリエンスの設計と開発スキルにフォーカスしているとのこと。