インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

デバイスに依存せずアプリやゲームをストリーミング配信できるAmazon APPStreamのSDKを一般公開

昨年11月に、Amazonが限定プレビューとして一部開発者にのみ公開されていたAPPStreamが、全開発者に一般公開された。

Amazon Web Services Blogによると、

Image courtesy of photolekid / FreeDigitalPhotos.net

“You can now use AppStream to build complex applications that run from simple devices, unconstrained by the compute power, storage, or graphical rendering capabilities of the device. Your application can take advantage of the new and powerful g2 instance type, including high-performance GPU-powered rendering of 2D and 3D graphics.”

「AppStreamを使えば、デバイスのコンピュータパワー、ストレージ、グラフィックレンダリング機能の制約をうけずに、シンプルなデバイスでも動作する複雑なアプリケーションを構築することができる。アプリケーションは、ハイパフォーマンスGPUによる2D、3Dグラフィックスレンダリングを含む、新しくパワフルなg2インスタンスタイプを活用できる。」

SD Timesの記事によれば、

“AppStream allows developers to stream apps and games from the cloud. It renders and deploys a developer’s app on its AWS infrastructure and streams the output to computers, tablets, and mobile phones. Developers can choose to stream either all or parts of their applications from the cloud. ”

「AppStreamにより、開発者はクラウドからアプリやゲームをストリーミングすることができる。AWSインフラ上でレンダリングや、開発者のアプリをデプロイし、コンピュータ、タブレット、モバイル端末にそのアプトプットをストリーミングする。開発者は、クラウドからアプリの全てをストリーミングすることも、その一部をストリーミングすることもできる。」

“To go along with the launch, Amazon introduced new features to AppStream. It includes automated version resolution capabilities that detect the version of the SDK used to create a client and automatically launches compatible back-end services. It also has Mac client support with an OSX SDK, an improved client SDK to add support for game controllers, and a simplified getting-started experience so developers can launch their first application smoothly.”

cited from Amazon Web Services Blog site

「今回の発表に伴い、アマゾンはAppStreamの新しい機能を発表した。クライアントを作成する際に使ったSDKのバージョンを自動判別し、互換性のあるバックエンドサービスを起動する、自動バージョンリゾリューション機能がその1つ。また、マッククライアントをサポートするOSX SDK、ゲームコントローラサポートを新たにサポートしたクライアントSDK、はじめてのアプリケーション開発がスムーズにいくように入門編のシンプル化など。」

AppStreamは、Android、Fire OS、iOS、Mac OS、Windowsに対応している。