インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ArnoldC、アーノルド・シュワルツェネッガー風プログラミング言語

アーノルド・シュワルツェネッガーのセリフといえば、「I’ll be back」が有名だが、他にも沢山後に引くセリフがあった。で、それをプログラミング言語に使えるようにしたいと、Lauri Hartikka氏というプログラマーがGitHubに公開したのが、ArnoldC。

Trueの代わりに、”NO PROBLEMO”を使うわけだ。他はこんな感じになっているらしい。

True: NO PROBLEMO
If: BECAUSE I’M GOING TO SAY PLEASE
EndIf: YOU HAVE NO RESPECT FOR LOGIC
While: STICK AROUND
PlusOperator: GET UP
MinusOperator: GET DOWN
MultiplicationOperator: YOU’RE FIRED
EqualTo: YOU ARE NOT YOU YOU ARE ME
Or: CONSIDER THAT A DIVORCE
DeclareMethod: LISTEN TO ME VERY CAREFULLY
NonVoidMethod: GIVE THESE PEOPLE AIR
MethodArguments: I NEED YOUR CLOTHES YOUR BOOTS AND YOUR MOTORCYCLE
Return: I’LL BE BACK
CallMethod: DO IT NOW
AssignVariableFromMethodCall: GET YOUR ASS TO MARS
BeginMain: IT’S SHOWTIME
EndMain: YOU HAVE BEEN TERMINATED
Print: TALK TO THE HAND
AssignVariable: GET TO THE CHOPPER

Image courtesy of cooldesign / FreeDigitalPhotos.net

遊び心があっていいけど、文字数が多くてタイピングが面倒かも。