インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

モバイルのデータトラフィック量は2018年まで急激に増加する!

スマートフォンの普及がかなり進み、もはや急拡大する分野ではないように思えるが、それはまだ一部の国の話であって、世界的にはまだまだ拡大の余地を残しているようだ。低価格のスマートフォンが鍵を握っているが、それにより、モバイルのトラフィック量は2018年まで急激に増加するようだ。SD Timesにおいて、Ciscoが発表した2013年から2018年における全世界のモバイルのデータトラフィック量の予測を紹介している。それによると、2018年にはモバイル端末の数は全世界人口を上回るらしい。

Image courtesy of EA / FreeDigitalPhotos.net

「Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast for 2013 to 2018」によると、モバイル端末の数は2013年で70億台。現時点でほぼ全世界の人口に匹敵する。これが2018年には100億台を超えると予測している。これに伴い、モバイルのデータトラフィック量は今後4年間で年増加率61%で推移し、15.9エクサバイト/月に達するとしている。

増加の主たる要因は以下の4点。

  • モバイルユーザの増加:2018年には50億ユーザに達する。
  • モバイル接続の増加:モバイル端末数は、2018年には100億台。
  • 高速モバイル接続:全世界のモバイルねっとわーくの平均帯域は現在の1.4Mbpsから2018年には2.8Mbpsに高速化。
  • モバイル動画:2018年には全世界のモバイルデータトラフィックの約70%を動画が占める。

2018年には、モバイルデータトラフィックの94%をスマートフォン、タブレット、ラップトップで占め、モバイル間通信が5%、従来型の携帯電話が1%と予測。

ウェアラブル端末は2013年の時点で全世界で2170万台、2018年には1億7690万台に達するとしている。

– ウェアラブル端末がそんな数の台数が出回っている実感がないが。