インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Apache Cordovaを使えばChromeアプリをAndroidおよびiOSで動作可能

Googleは、Apache Cordovaツールを使うことにより、ChromeアプリをAndroidおよびiOSで動作させることが出来るようになったと発表。SD Timesの記事より。CordovaはネイティブのCSS、HTML、Javascriptアプリケーションを構築できる、オープンソースの開発フレームワークで、Chromeアプリをネイティブのシェルでラップするため、Google PlayやApple App Storeに登録できるという。

さらにコアなChrome APIに加えてCordovaのAPIも利用可能。

  • 認証:ユーザは、パスワード要求なくOAuth2を使ってサインイン可能
  • 決済:モバイルアプリ内で、バーチャルグッズの販売が可能(現在Androidのみ対応)
  • プッシュ通知:サーバからアプリへメッセージのプッシュが可能
  • ソケット:TCPおよびUDPを使い、データの送受信が可能
  • 通知:モバイルアプリからリッチコンテンツの通知を送信可能(現在Androidのみ対応)
  • ストレージ:ローカルでキーバリューデータの保存、呼び出しが可能。
  • ファイルシステム同期:Googleドライブによるファイルバックアップの保存および呼び出しが可能。

Image courtesy of Liz Noffsinger / FreeDigitalPhotos.net

今後のモバイルアプリ開発手法として注目される。