インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ランディングページに特化したスタートアップ企業LeadPages社、500万ドルの資金を調達

ページを見た後、実際の購買や申込みにつながったかどうか、コンバージョン率が重要で、そのコンバージョン率を大きく左右する要素の1つがランディングページだ。ランディングページはどうあるべきか、どのようなことを書くべきか、指針は数多く見られるが、実際にどのように作ればいいのか、なかなか悩みどころだ。そんな悩みの解決に役立ちそうなのが、LeadPages社のサービスだ。ミネソタ州セントポールを拠点としているため、個人的に親近感がわくのだか、それはさておき、レスポンシブ・デザインをサポートし、各種のページに対応しているものの、ランディングページだけに特化している。

簡単に各種のスマートフォンやタブレットの画面サイズに対応したページを作れるというのはもちろんのこと、裏ではそれぞれのページデザインのコンバージョン率を測定し、どのページデザインのコンバージョン率が高いかも教えてくれる。コンバージョン率が低いページについては、デザインテンプレートを見直して、1、2週間に一度は新しいテンプレートを提供していくという。

LeadPages

このたび、500万ドルの資金調達に成功し、さらに体制強化を図っていくとのことだ。