インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

モバイルアプリ開発はもっと簡潔であるべき

なんとか賞の受賞式というと、受賞スピーチがつきもの。何か気が利いたスピーチをすべきと受賞者は頭を悩まし、一方その式に列席した人たちも、大抵たいした中身がないスピーチにお付き合いしなければならない、というのもよくある話。ところが、Webサイト、インターネット広告、オンラインビデオなど、世界中のインターネット上の優れたコンテンツを表彰しているWebby Awardではおもしろいルールがある。受賞スピーチでは単語で5語までと制限されている。

“Why five words? It doesn’t … .” (何故5語なんだ。これじゃあ...)

“It’s more than five words.” (5語が言い尽くせない)

とか5語でもかなり伝わるものがある。

five

Image courtesy of Keerati at FreeDigitalPhotos.net

InformationWeekMike Jennett氏はこれに触発されて、モバイルアプリ開発ももっと簡潔であるべきだという。

‘This concept of brevity is something that belongs in mobile app development, but instead of five words, five screens. We have asked our enterprise teams to use five screens to tell our developers what their mobile app is, what it should do and how users should interact with it. And it’s working to create more clarity up front.’

「この簡潔にするというコンセプトはモバイルアプリ開発にも関係しているが、5語の代わりに5画面だ。自社の企業向けチームに5画面を使って、開発者に、どのようなモバイルアプリで、何が出来て、どうユーザが操作すべきかを伝えるように言っている。これにより、最初により明確になるようになってきている。」

— 同氏はアプリではなく、そこでなすべきタスクに注目すべきだと説く。

‘This task orientation allows teams to take a nugget from a huge application and create an app, or section of an app, that handles just that task. Alex Bard, a senior VP at SalesForce.com, put it this way in a recent panel discussion: “We actually think about each device, then the context, the use case, and how you create a micro-moment experience to leverage that device.”‘

「このタスク指向により、巨大アプリケーションから1つの固まりを取り出し、そのタスクだけに対応したアプリあるいはアプリの1セクションを作ることができる。SalesForce.comの上級副社長Alex Bard氏は、最近のパネル討論でこのように語っている。『実際、個々の端末、次に内容やユースケースを考え、その端末を活用するミクロな使い勝手をどう作っていくかを考える』」

‘So how do you discover that “micro-moment”? Well, for starters, you need to throw out the 50-page requirements document and grab some cocktail napkins. Seriously, sit down with your users and have a conversation. Ask them what the most important things they do in your application are. Don’t guide them or prod them; just have the conversation. Oh, and getting out of the office and enjoying a martini or cold beer can often aid those creative juices. Once you’ve gotten some ideas then you can go to work.’

「この『ミクロな瞬間』をどう見つけていくか。初心者なら、まず50ページに要件定義書を捨て、ナプキンを持つのだ。まじめな話、ユーザと会話するのだ。アプリケーションで何が最も重要なのかを聞き出す。ガイドしたり、催促しない。ただ会話するだけ。オフィスを出て、マティーニや冷えたビールを飲みながらやるのもいい。何かアイデアが得られれば、仕事に取りかかれる。」

‘A key example I use to illustrate this is our expense reporting system. Anyone who has worked at an enterprise company has had to deal with a big, unwieldy expense reporting system. It’s a necessary evil, and at times can be just that: evil. Our system is worldwide and has to take into account all of the laws, taxes and regulations in more than 150 countries. So when I sat down with the team we quickly realized that taking this system and putting it on a phone just didn’t make sense.’

「これを説明するために使っている例は、精算システムだ。企業で働いた人なら誰しも、巨大で、面倒な精算システムを使ったことがあるはず。必要悪だが、その瞬間はまさに悪でしかない。我々が使っていたシステムは世界中で使っていたため、150国以上の法律、税金、規制などを考慮に入れねばならなかった。チームで集まった際、個のシステムを携帯に入れるのは無理だとすぐにわかった。」

‘However, once we had the discussion, we found that the biggest problem people faced was not filling out expenses but waiting for their manager to approve them, which often would take days, and sometimes weeks, if they were traveling. So we sat down and created a basic flow of what it would take to approve expense reports from a phone and we did it visually in just five screens:’

「しかし、議論をしたところ、最も大きな問題は、精算システムに入力することではなく、マネージャの承認待ち(数日、出張中であれば時には数週間)であることがわかった。そこで、携帯から精算書を承認するために必要な基本フローを作成してみたところ、実質的に5画面しかなかった。

  • Login(ログイン画面)
  • List of reports(レポートのリスト出力画面)
  • Report details with approve/deny button(承認・否認ボタンがあるレポートの詳細画面)
  • Individual report item with approve/deny button(承認・否認ボタンがある個別レポート項目画面)
  • Comment screen(コメント画面)

‘That encompassed the entire app. From there the engineers went about creating specifications for connecting these screens to a very complex back-end, the app was tested, then deployed and it has now become an indispensable part of thousands of managers’ mobile devices.’

「これでアプリの全てを包含していた。ここからエンジニアは複雑なバックエンドと接続する仕様を作成し、アプリをテストのうえリリースし、いまや何千人といるマネージャのモバイル端末に欠かせないものとなった。」

‘This is just one example, but it illustrates the shift that needs to occur in the new world of mobile development. So with that, I’ll leave you with these five words: Develop for Your User’s Needs.’

「これは例の1つだが、モバイル開発の世界で必要なシフトを表している。最後に5語で締めくくろう。『ユーザニーズに合った開発をせよ』と」