インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

SOA Software社、API用ライフサイクルマネージャを発表

カリフォルニア州ロスアンジェルスを拠点とし、API管理ソリューションを提供するSOA Software社は、API開発およびライフサイクル管理全体に対する確固としてまたスケーラブルなソリューション、API用ライフサイクルマネージャを発表した。

Lifecycle Manager governs the development and use of APIs, services and other software assets across an enterprise’s IT environments, providing a clear view into how each fits into that enterprise’s business and technical landscape. By establishing a comprehensive context for assessing existing software assets and guiding the development of new ones, Lifecycle Manager serves to extend an enterprise’s IT capabilities to Web APIs so they’re accessible and usable to an enterprise’s customers and partners. Leveraging a built-in repository, SOA Software Lifecycle Manager for APIs enables management across all the life stages of an API, i.e. from planning and designing to developing, operating, maintaining and retiring the APIs. As organizations move beyond deploying their first APIs, they are realizing that managing this entire API Lifecycle is one of the most important aspects of rolling out a long-term API strategy, whereas some of the existing API management solutions in the market today only focus on the operating and running aspects of an API Lifecycle.

ライフサイクルマネージャは、企業のIT環境全般にわたり、開発とAPIの使用、サービスやその他ソフトウェア資産を管理するもので、それぞれが企業のビジネス的、技術的観点でどのようにフィットしているかをよりクリアに示すことができるもの。既存ソフトウェア資産へのアクセス方法を確立し、新規ソフトウェア開発をガイドすることにより、企業のIT機能をWeb APIに拡張し、企業内の顧客やパートナーが再利用できるようにする。組み込み済みリポジトリを活用し、APIのライフステージ、すなわち、計画や設計から、開発、運用、メンテナンス、廃止までの全般にわたって管理することができるようになる。最初のAPI実装を経れば、企業はAPIのライフサイクル全般を管理することが、長期的API戦略の実行で最も重要な側面であるとともに、今日市場の既存API管理ソリューションは、APIライフサイクルの運用の側面だけに注力したものであることを痛感することになる。

With the addition of Lifecycle Manager for APIs, SOA Software now offers the most comprehensive API Management solution. A complete API Management solution must provide a Developer Portal, API Gateway for security and transformation, Monitoring and Lifecycle Management. SOA Software now provides all these capabilities through a combination of Community Manager, API Gateway and Lifecycle Manager, becoming the first vendor in the industry to provide a complete API Management solution. All components are available in the cloud or on-premise.

API用ライフサイクルマネージャを加えることにより、SOA Software社は、最も広範なAPI管理ソリューションを提供する。完全なAPI管理ソリューションは、開発者ポータル、セキュリティと移行のAPIゲートウェイ、モニタリング、ライフサイクル管理を具備している必要がある。SOA Software社はこれらの全ての機能を、Community Manager、API Gateway、Lifecycle Managerの組み合わせで実現しており、業界初の完全なAPI管理ソリューションを提供している。全てのコンポーネントはクラウドまたはオンプレミスで利用可能。

Lifecycle Manager has prebuilt integration with SOA Software’s API Gateway and Community Manager, thereby supporting both internal and external development communities. In addition, it offers a variety of new features that make identification, management and oversight of APIs and other software assets easier. These include:

Lifecycle Managerは、SOA Software社のAPI Gateway、Community Managerを統合しており、社内外の開発コミュニティをサポートしていることになる。さらに、様々な新機能により、APIおよびその他のソフトウェア資産の識別、管理、監視が容易となっている。

  • REST API Support: Full SDLC support for REST APIs is incorporated into Lifecycle Manager, giving customers a single place to establish end-to-end governance over REST-based services and APIs.
  • Graphical Template Modeler: In addition to its easy-to-use drag-and-drop governance process editor, Lifecycle Manager now provides graphical editing support for asset content modeling, giving administrators the ability to define and edit asset types via an easy-to-use form-based editor which presents all information relevant to the type under edit within a composite view.
  • Subsidiary Asset Types: Lifecycle Manager supports true containment of subsidiary information, ensuring proper information modeling for complex types.  For example, an API may contain configuration information defining both sandbox and production proxies as subsidiary types, thereby providing a clearly understandable composite API definition that is in turn propagated to Community Manager for deployment and exposure to external business partners and other potential consumers.
  • Graphical Impact Analysis support for IDEs: Browser-based Asset Relationship Visualization (ARV) is now fully integrated into Lifecycle Manager’s Eclipse-based plug-in and Visual Studio add-in.

SOA Software

  • REST APIサポート:REST API向けにSDLCをフルにサポートされており、顧客は単一の場所から、RESTベースのサービスおよびAPI全体を管理することができる。
  • グラフィカルテンプレートモデラー:使いやすいドラッグ&ドロップ形式の管理プロセスエディターに加え、Lifecycle Managerでは、資産コンテンツ、モデリングのグラフィカルなエディット機能をサポートしており、管理者は、合体ビュー内で、編集中のタイプに関するあらゆる情報を見ながら、使いやすいフォームエディターを使って、資産タイプを定義、修正することができる。
  • 副アセットタイプ:Lifecycle Managerは、副情報の内包をサポートしており、複雑なタイプのモデルでも適切な情報を含めることができる。例えば、APIによっては、副タイプとして、サンドボックスと本番の両方を定義する構成情報を持っており、実装向けにCommunity Managerに展開したり、外部のビジネスパートナーやその他見込み客に出す複雑なAPI定義も分かりやすくなる。
  • IDEをサポートするグラフィカルなインパクト分析:ブラウザベースの資産関連性可視化(ARV)がLifecycle ManaerのEclipseベースのプラグインおよびVisual Studioのアドインに完全統合されている。