インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

TigerLogic社、JavascriptクライアントプラットフォームOmnis Studioの最新版をリリース

カルフォルニア州アーバインを拠点とし、Javascriptクライアントプラットフォームを提供しているTigerLogic社は、同社のOmni Studioの最新版Version 6.0をリリースした。Omnis Studioは、Andriod、iOS、Blackberry、Windowsなどの端末に対応したインタラクティブなWebアプリやモバイルアプリを1つのコードベースで作成できるプラットフォーム。Version 6.0では、ネイティブな端末機能との統合を強化しているという。SD Timesの記事より。

Omnis Studio 6.0, a high-performance visual Rapid Application Development (RAD) tool, uses scripting compatible with HTML5 and CSS3 to enable a rich user interface experience supported in modern browsers. Applications created using Omnis Studio can run on virtually any web or mobile device, on any platform. With over 30 ready-made JavaScript components, Omnis Studio 6.0 offers a fast and efficient way to build form-based, data-driven web and mobile applications that integrate with all leading backend databases for access to enterprise system data.

Omnis Studio 6.0は、高性能ビジュアルなラピッドアプリケーション開発(RAD)ツールで、HTML5とCSS3とのスクリプト互換を持ち、現在のブラウザでサポートされているリッチなユーザインタフェースを可能とするもの。Omnis Studioを使って構築されたアプリケーションは、あらゆるプラットフォーム上の、あらゆるウェブあるいはモバイル端末上で実行できる。30種類以上のJavaScriptコンポーネントが用意されており、企業のシステムデータにアクセスするためのあらゆる主要なバックエンドデータベースと統合し、フォームベース、データ指向型ウェブ・モバイルアプリを迅速かつ効率的に構築できる。

TigerLogic Corporation

Omnis Studio 6.0 includes support for serverless or “offline” capabilities that enable a mobile device application to operate even when connection to the internet is intermittent or completely absent. In “online” mode, Omnis mobile application data and content can be synchronized with a database server once connection is re-established. In addition, the new SQL Worker Objects process time-consuming tasks in the background, allowing users to work faster and more efficiently. Enhancements to web and mobile form properties allow applications to dynamically resize and adapt to any device browser window. A new device control enables tighter integration with mobile device features such as Camera functions and GPS services, while the use of high resolution images enrich applications for high definition screens found on the latest mobile devices. Localization enhancements support multi-language applications to allow developers to reach broader markets.

Omnis Studio 6.0は、サーバレスや「オフライン」もサポートしており、インターネット接続が断続している、あるいは、完全に切れている場合でもモバイル端末のアプリケーションを実行できる。「オンライン」モードでは、Omnisモバイルアプリケーションのデータとコンテンツは、接続が再開した時点で、データベースサーバと同期することができる。さらに、新しいSQL Worker Objectsは、バックエンドで時間がかかるタスクを処理し、より迅速かつ効率的に操作することができる。ウェブやモバイルのフォーム・プロパティを強化したことにより、あらゆる端末ブラウザのウィンドウを動的にリサイズできる。新しい端末コントロール機能では、カメラ機能、GPSサービスなどのモバイル端末機能とより密接に統合できる一方、高解像度画像を使い、最新もモバイル端末に搭載されている高解像度画面向けにリッチなアプリケーションを構築できる。多言語化対応機能も強化され、より幅広い市場向けに開発することができるようになっている。