インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Rally Software社、社内にアジャイルを広めるための新機能をリリース

当サイトでも紹介しているRally Software社は、企業全体にアジャイルプラクティスを広め、より大きな価値をより早期に市場に提供するためのRally Portfolio Managerの新機能をリリースした。本機能強化で、Dean LefingwellおよびScaled Agie Incにより開発されたリーンおよびアジャイルプラクティスを大規模に適用できる、実証済みかつ一般に利用できるプロセスである、Scaled Agile Framework(SAFe)を含む、アジャイルプラクティスを広めるために用いられるあらゆる手法をサポートしているという。

When paired with Rally’s coaching services, Rally can uniquely help enterprises successfully transform into an Agile business that can deliver innovations to market faster and more predictably. The announcement was made this week at Rally’s annual user conference, RallyON, which brings together Agile enthusiasts from around the world to discuss and create new ways to transform and lead Agile organizations.

Rallyのコーチングサービスと組み合わせることにより、企業が、より市場投入を早め、より予想しやすくためのイノベーションを実現するアジャイルビジネスへ転換できるようなユニークな支援をRallyが提供する。発表は今週開催された、世界中のアジャイル熱狂者がアジャイル企業への移行と推進する方法を議論し構築するためのRally社のRallyON年次ユーザ会で発表されたもの。

Rally Software

Rallyの新機能は以下の通り。

  • Program Level Planning:  Using Rally’s release attribute, users can now directly assign features to a release, enabling product and program managers to easily plan program roadmaps and synchronize teams and their work to meet program objectives.
  • Portfolio Steering:  Rally’s new Portfolio Burnup and Cumulative Flow diagrams provide product and program managers visibility into feature progress, facilitating steering that results in optimal value delivery in releases.
  • Program – Team Alignment: In a large-scale Agile program, it is critical that development teams know which features they are working on and why. In Rally, teams can now easily associate user stories they are working on to features they are part of, helping them quickly align their work with the business priorities.
  • Enhanced Transformation Services:  Rally’s new Leading SAFe course provides organizational leaders the understanding of how the Lean and Agile principles and practices of the Scaled Agile Framework can improve productivity, employee engagement, time to market, and quality.

 

  • プログラムレベルのプランニング:Rallyのリリース属性を使うことにより、ユーザは機能をリリースに割り当てることができ、プロダクトマネージャやプログラムマネージャは容易にプログラムロードマップを計画し、プログラム目標を達成するためにチームとその作業を同期化させることができる。
  • ポートフォリオ・ステアリング:Rallyの新しいPortfolio BurnupおよびCumulative Flowダイアグラムは、プロダクトマネージャやプログラムマネージャ向けに機能の進捗状況を可視化するもので、リリースで提供する価値を最適化できるようガイドしてくれるもの。
  • プログラムとチームの整合:大規模アジャイルプログラムでは、開発チームはどの機能を何故作業中なのかを理解していることが必須。Rallyでは、チームは容易に作業中のユーザストーリーとその一部の機能とを結びつけることができ、作業とビジネス優先度を容易に整合させることができる。
  • 強化された移行サービス:Rallyの新しいLeading SAFeコースでは、企業のリーダがScaled Agile Frameworkのリーンおよびアジャイル原則とプラクティスがいかに生産性、社員の関与、市場投入、品質を向上させるかについて理解を深めることができる。