インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

CodeWeavers Software社、WindowsからAndroidへのポーティングサービスを発表

ミネソタ州セントポールを拠点とし、Mac、Linux上でWindowsソフトウェアを動作させるCrossOverソフトウェアを提供しているCodeWeavers Software社は、ポーティングサービスを拡張し、Android OSに対応したと発表した。これによりWindowsアプリケーションをモバイル端末で動作させることができるようになるという。

CodeWeavers began generating interest in its Android capabilities in February 2013, when its CTO, Alexandre Julliard, demonstrated a proof of concept of the Windows Notepad application running on Android. Since then, the company has been steadily overcoming the various technical hurdles with making Windows applications run on a smaller form factor, and with different input devices, like software keyboards. “We can now port a Windows application to run on OS X, Linux, or an Intel based Android system without our customer, the ISV, having to lift a finger,” stated White. CodeWeavers can also perform Windows ports to ARM-based devices. “ARM ports are harder,” White admitted, “as the usage of ARM introduces another layer of complexity. But they are still achievable.”

CodeWeavers社は、同社のCTO、Alexandre Julliard氏がWindows NotepadアプリケーションをAndroid上で動作させるコンセプトを実証した2013年の2月からAndroidの機能に注目し始めた。その後、同社は、Windowsアプリケーションを、ソフトウェアキーボードなど異なる入力デバイスを持ち、かつ小さい端末上で動作させるという様々な技術的ハードルを着実に克服してきた。『いまや顧客、ISVが努力することなく、WindowsアプリケーションをOS X、Linux、あるいは、インテルベースのAndroidシステムにポートすることができる』とWhite氏。CodeWeaversはまた、WindowsからARMベースの端末にポートすることもできる。『ARMへのポートはより難しい』と同氏。『なぜならARMを使用することは、さらに複雑度が増すからだ。しかし、実現可能だ。」

CodeWeavers