インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Skytap社、IBM Rational Team Concert向けSkytap Automation Packをリリース

ハイブリッドクラウドソリューションを提供するSkytap社は、IBM Rational Team Concert向けSkytap Automation Packをリリースした。Skytap Cloud上にIBMマシンをオンデマンドで迅速に構築できるユニークなソリューションだという。

The Skytap Automation Pack is software that installs alongside the IBM Jazz Team Server. The Automation Pack continuously monitors the build request queue, and incoming build requests trigger an automated process that creates complete build environments in Skytap Cloud based on pre-defined customer templates. The Skytap Automation Pack enables on-premise IBM Rational infrastructure to connect to Skytap Cloud via a secure VPN connection over IPsec, which is dynamically created using Skytap’s AutoNetworks™ software-defined networking technology. Skytap Cloud serves as a secure extension of on-premise infrastructure, empowering customers with the flexibility to migrate additional resource elements into a hybrid cloud environment.

「Skytap Automation Packは、IBM Jazz Team Serverにインストールするソフトウェア。Automation Packは、継続的にビルドリクエストキューをモニターし、ビルドリクエストを受信すると、あらかじめ定義された顧客のテンプレートをもとにSkytap Cloudに環境を構築する自動化プロセスを起動するもの。Skytap Automation Packにより、オンプレミスのIBM RationalインフラをIPsec上でのセキュアなVPN接続によりSkytap Cloudと接続する。この接続は、Skytap社のAutoNetworksとよぶソフトウェア定義型のネットワーク技術を使い動的に構築される。Skytap Cloudは、インプレミスインフラのセキュアな拡張として提供され、これにより追加のリソース要素をハイブリッドクラウド環境に柔軟に移行することができる。」

Skytap

ソフトウェア開発サイドの利点:

  • Create identical build and unit testing environments in Skytap Cloud on-demand
  • Increase (or decrease) the number of build environments with auto-scaling
  • Collaborate with teams working in parallel on separate components of a product with consistent build environments that operate on the latest golden version of components
  • Provision fully-automated build environments, eliminating the need to worry about the underlying infrastructure and automatically creating virtual machines on the fly
  • Scale the underlying infrastructure with the growth of team, complexity, and product
  • Access virtual machines remotely via SmartClient™ or any native RDP-capable client
  • Share complete environments and creatively collaborate via publish URL capability
  • Scale resources (CPU, memory, network) up and down on-demand

 

  • Skytap Cloud内にオンデマンドで本番と同様および単体テスト用環境を構築可能
  • 本番環境の数を自動スケールで拡張、縮退可能
  • 最新のコンポーネントバージョンで運用する本番環境と一貫性がある製品の別のコンポーネントを並行で作業可能。
  • 本番環境を完全自動でプロビジョン可能で、インフラや自動的に作成される可能マシンの心配をする必要なし
  • チーム、複雑性、製品の増加に合わせてインフラをスケール可能
  • SmartClientあるいはネイティブのRDP対応クライアントからリモートで仮想マシンにアクセス可能
  • 公開URL機能により、完全な環境の共有あるいはコラボレーションが可能
  • デマンドに応じてリソース(CPU、メモリ、ネットワーク)のスケールアップ/ダウンが可能

ITインフラ、運用チームの利点:

  • Integrate existing on-premise IBM Rational Team Concert Server environments seamlessly with Skytap Cloud resources
  • Empower end-user teams to easily spin-up, run, and tear down complete testing environments on-demand, without IT management or intervention
  • Enforce network isolation and control on-premise enterprise user access
  • Maintain complete IT visibility and control – role-based access, quotas, notifications, and reporting

 

  • 透過的に、既存オンプレミスのIBM Rational Team Cocenrtサーバ環境とSkytapクラウドリソースと統合可能
  • エンドユーザチームは、ITサイドの管理や手を煩わせることなく、テスト環境をオンデマンドで、立ち上げ、実行、停止が可能
  • オンプレミスのユーザアクセスをネットワーク的に隔離、制御が可能
  • ITの見える化と制御が可能(ロールベースのアクセス、クォータ、通知、レポーティング)