インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

単体テストツールを提供するTypemock社、新バージョンをリリース

ロンドンを拠点とし、単体テストツールを提供しているTypemock社は、2006年から提供している同社のTypemock Isolatorの最新版をリリースした。見せ方の部分で強化を図り、単体テストに必要な情報に簡単にアクセスできるようになり、バグ修正をより迅速に行なえるようになるという。Softdevtoolsのサイトより。

Developers no longer need to spend time sorting and searching for tests: the new and improved SmartRunner automatically sorts your tests for you, so that you see the relevant tests on the production code. Another new feature added at the request of our customers is the GetTimesCalled API, which helps check how many times a method was called so that assertions can be specified based on that number. This simple API provides more testing flexibility as well as higher precision for special testing situations.

「開発者はもうテストのソートや検索に時間を費やさなくてもよくなった。新しい改良版のSmartRunnerが自動的にテストをソートしてくれるため、本番のコードに関する関連したテストを見ることが出来る。顧客からのリクエストに応じて追加したその他の新しい機能として、GetTimescalled APIがある。これは、メソッドが何回コールされたかを確認するもので、その数字に基づいてアサーションすることができる。このシンプルなAPIはテストの柔軟性を高めるとともに、特定のテスト状況をより正確に表すことができる。」

Typemock

To make life even easier, Typemock Isolator V7.4 has also introduced new keyboard shortcuts, re-running, re-debugging, and test windows now automatically open as you navigate to them. This is in addition to dozens of new improvements.

「より簡単にするために、Typemock Isolator V7.4では、新しいキーボードショートカットが追加され、再実行、再デバッグ、テストを選択すると、ウィンドウが自動的に開くようになった。これはその他数ある改善項目のうちの1つ。」

Unit testing has long been proven as the most effective method to lower code vulnerabilities, caused by legacy code and code decay, as well as substantially minimize bugs by helping programmers identify and prevent them in the coding stage. Typemock Isolator unit testing solutions have taken this further by automating the once manual process, allowing developers to easily and methodically test their code, including legacy code, and safely introduce changes to it.

「単体テストは、レガシーコード、先祖がえりなどによるコード脆弱性を少なくするとともに、コーディングの段階でバグの特定やバグ防止に役立つことにより、バグを大幅に減らすための最も効果的な方法であることが実証されている。Typemock Isolator単体テストソリューションは、マニュアルプロセスを自動化することにより、開発者が簡単かつ確かな手法で、レガシーなコードを含むテストを実施し、変更を安全に行なえるようにするもの。」