インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

中国のハッカー、米国の軍事機密情報を窃取

F-35統合打撃戦闘機、V-22オスプレー、および衛星通信、指向性エネルギー兵器、ミサイル防衛に関連する最先端の軍事技術などを含む先進の兵器システムの情報が、中国のハッカーにより、政府機関、防衛のコントラクターから窃取されたとのこと。

InformationWeekの記事より。

‘Those findings — first reported by The Washington Post — were contained in a nonpublic version of a report prepared in January 2013 for the Pentagon. The “Resilient Military Systems and the Advanced Cyber Threat” report was written by the Defense Science Board, which is a committee of civilian experts appointed to advise the Department of Defense.’

「ワシントンポストが最初に記事にしたこれらの事態は、ペンタゴン向けに2013年1月に作成された非公開版のレポートに記載されている。『Resilient Military Systems and the Advanced Cyber Threat』と題した報告書は、米国防省へ助言する目的で集められた民間の専門家からなるコミッティーであるDefense Science Boardによって書かれたもの。」

ID-10092651

Image courtesy of worradmu at FreeDigitalPhotos.net

‘All told, information relating to 29 weapon systems and 21 areas of different advanced research was reportedly stolen, according to a confidential version of the report. “The scale is shocking,”tweeted information security researcher Alan Woodward, who’s a professor in the department of computing at the University of Surrey.’

「機密版の報告書によると、29の兵器システム、21の先進研究の分野に関する情報が盗まれたとしている。英サリー大学のコンピューティング部のAlan Woodwardは『この規模は衝撃的だ』とツィートしている。」