インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

もっと創造的、生産的になるために今日からできる5つのこと

それなりの歳を重ねてきてはいるが、今よりも、より創造的、生産的、と常に思っている。進化し続けたいと願っている。だが、どうすればより創造的、生産的になれるのか。Fast Companyのサイトにこんな記事があった。Fast Companyがリストアップした「100 Most Creatvie People in Business 2013」にも選ばれたSimon Rich氏が守っているルーチンがこれだそうな。Rich氏は作家だ。

KNOW WHEN YOU WORK BEST.(一番良く働けるのは何時かを知る)

‘When Rich wakes up, the first thing he wants to do is write, so that’s what he does. As the day progresses, however, the story changes: “I don’t usually have a lot of problems getting stuff done in the morning,” he says. “But after lunch I really slow down.” He estimates his pre-lunch versus post-lunch productivity ratio to be about 80/20. “It’s really diminishing returns.”’

「Richは起きると、最初にやりたいことは書くことことなので、まさにそれをやる。が、日が経つにつれ、ストーリーは変わっていく。『だいたい朝やっつけてしまうことに問題はない』と同氏。『しかし、昼食後は本当にスローダウンしてしまう』。彼によれば、昼食前と昼食後では、生産性の割合はだいたい80:20だとのこと。『まさにリターンは減少している』」

creativity

Image courtesy of Master isolated images at FreeDigitalPhotos.net

WORK ON WHAT YOU WANT FIRST.(最初にやりたいことに取りかかる)

‘Recognizing that not everything you do today will be something you’re dying to do, Rich says you might be better off tackling your favored task first. “It sometimes depends on deadlines, but I’ve found that the most efficient thing is to write what you want to write,” Rich says. “So if I have a movie script due, and I don’t really want to do it–really what I want to do is write some short story that I’ve started–I’ve found that it’s actually faster to just write the story and then go to the screenplay. There are exceptions to that, if something is really due imminently, but I always secretly know, in the back of my mind, what I really want to be writing.”’

「今日やることの全てが本当にやりたいことばかりということではないと知った上で、Rich氏は、やりたいタスクに最初に取りかかるべきだという。『締め切りにもよるが、最も効率的なことは、書きたいことを書くことだとわかった』と同氏。「だから、映画のスクリプトの締め切りがあって、本当はやりたくなく、本当にやりたいことは、手がけていたショートストーリーを書くことだとする。そのショートストーリーを書いてから、映画のスクリプトにとりかかった方が実際は速いことがわかった。締め切りが間近に迫っているなら別だが、常に心の底では、本当にやりたいことは、書くことだとわかっている。」

GO FOR QUANTITY OVER QUALITY.(質より量)

‘Rich calls himself a “law-of-averages guy.” “I figure, if I throw enough stuff out there, some of it will hopefully stick.” His favorite writers are the ones who keep writing: T.C. Boyle, P.G. Wodehouse, Evelyn Waugh. “I just read this great biography of Charles Schulz, and he produced a new Peanutsevery single day for half a century. And obviously not every Peanuts strip is on the same level, but still, it’s pretty staggering.”’

「Rich氏は自身を『平均則のやつ』と呼んでいる。『十分な数を投げれば、そのうちのいくつかはおそらく刺さるだろうと思う』。お気に入りの作家は、書き続けている作家だ。T.C. Boyle、P.G. Wodehouse、Evelyn Waughなど。『Charles Schulz氏(代表作ピーナッツで知られる漫画家)の素晴らしい自叙伝を読んだ。彼は、新しいピーナッツの漫画を毎日半世紀にわたって作り続けたのだ。全てのピーナッツの漫画が同じレベルというわけではないが、でも驚異的だ。」

KNOW HOW YOU WORK.(どう働いているかを知る)

‘Routine works for Rich, but to each his own: “I know a lot of extremely talented people who are very successful who hate work and never do it,” he says. “And they’re fine. I really like the band Tegan and Sara, and I read that…one of them generates hundreds of songs, and the other generates five or six, but they have an equal number of songs on each album. I thought that was really interesting. It’s like, if I had a higher batting average with my pieces, I wouldn’t have to write as many of them. I think everyone’s got to sort of figure it out.”’

「決まりきったことでもいいのだが、その1つ1つが問題だ。『非常に成功しているが、仕事が嫌いで、絶対に仕事しない極めて才能豊かな人を沢山知っている』とRich氏。『それで彼らはいいのだ。TeganとSaraのバンドが好きで、読んだこともある。一方は数百の曲を作り、他方は5曲か6曲しか作らない。が、アルバムにはどれも、同じ数の曲が入っている。これは実に面白いことだと思う。まるで、自分が作るものの打率が高ければ、そんなに沢山書かなくてもいい、ということのようだ。だれもがだいたいわかっていることだと思う。」

FORGIVE YOURSELF.(自分を許す)

‘Rich says that he was horrified at 18 when he reread his first novel and discovered that it was—in his words—”terrible.” “I remember being so upset because that novel accounted for probably half of the pages I’d ever written in my entire lifetime. Whereas a couple years ago I threw out a novel, and it was just a small portion of the pages that I had even written in that year.” The lesson? The more you do, the more you know you’re capable of. “You write a bad novel. So what? You just write a better one.”’

「Rich氏によれば、18才のとき、自分が書いた小説を読み返して、彼の言葉によれば「酷いものだった」ことが分かった時、慄然としたらしい。『自分の人生で書いたページ数の恐らく半分が小説になっていたことに怒ったことを覚えている。だが数年前、小説を出した際は、その年に書いたページ数のごく一部だけだった。『学んだことは何か。やればやるほど能力が上がるということ。『酷い小説を書いたからどうだっていうのだ。よりマシなものを書いたのだ、と。」