インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Telerik社、同社のIceniumモバイルツール・スィートにバックエンドサービスを追加

ボストンを本拠地とし、クロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発ツールを提供しているTelerik社は、同社の統合クラウド環境Iceniumに、クラウドベースのモバイル向けバックエンドサービスIcenium Everliveを新たに追加したと発表。

By integrating Icenium Everlive into Icenium, Anglin said the solution now provides a complete mobile application-development platform, giving developers one solution for both front-end and back-end development. Icenium Everlive also frees mobile developers from having to set up any servers or infrastructure. “The front end is important, but most apps have to eventually talk to a server,” Anglin said.

「Icenium EverliveをIceniumに統合することにより、完全なモバイルアプリケーション開発プラットフォームとなり、開発者にフロントエンドとバンクエンド開発に対する単一ソリューションを提供できるようになる。またIcenium Everliveにより、モバイル開発者は、サーバやインフラをセットアップする必要がなくなる。『フロントエンドは重要だが、ほとんどのアプリケーションは結局サーバと通信する必要がある』と(Telerik社のクロスプラットフォームツールおよびサービス担当執行副社長の)Anglin氏。」

Icenium

Iceniumの新機能は以下の通り。

  • Icenium Everlive project templates: Automatically provisions the cloud back-end service, creating the necessary types and fields so that the sample app can go live in seconds.
  • Data navigator: Lets developers explore the structure of back-end projects, and navigate to types, fields and permissions.
  • Cloud code: Execute business logic and validations without replication on the client, where process and response time is crucial.
  • User management: Make applications social by letting users register and log in with a few lines of code, minimizing authentication and authorization behind the scenes.

 

  • Icenium everliveプロジェクトテンプレート:自動的にクラウドのバックエンドサービスをプロビジョンし、必要なタイプやフィールドを作成するため、サンプルアプリを瞬時に立ち上げることが可能。
  • データナビゲータ:開発者はバックエンドプロジェクトのストラクチャ、タイプ、フィールド、権限を参照することが可能。
  • クラウドコード:処理やレスポンスが重要であれば、ビジネスロジックや検証をクライアント側にレプリケーションを持つことなく実行可能。
  • ユーザ管理:数行のコードで、ユーザ登録とログインが必要なソーシャルアプリケーションを構築でき、認証、認可の開発を最小化可能。