インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Eclipse Foundation、最新版Kepler、6月26日にリリース予定

過去9年間、Eclipse Foundationは、常に予定通りの日にリリースしてきたようだ。そして10回目の今回は6月26日の予定で進んでいる。ビジネスプロセス管理スィートや、ブラウザベースのツール統合プラットフォームOrionを含む予定とのこと。SD Timesの記事より。

‘Mike Milinkovich, director of the Eclipse Foundation, said that there are 71 projects with updated versions in the 4.3 release train, dubbed Kepler. That amount is the same as last year’s because of the arrival of a few new projects, while a few related to the Virgo Eclipse Runtime project declined to be a part of the synchronized release.’

「Eclipse FoundationのディレクターMike Milinkovich氏によると、Keplerとよばれる4.3リリースには71種類のプロジェクトの更新版が含まれているという。その数は去年と同じで、Virgo Eclipseランタイムプロジェクトは同期リリースの一部としてなくなってしまったが、新しいプロジェクトも追加されたからだ。」

source: http://www.eclipse.org/stardust/

‘This release includes numerous updated packages. Business Intelligence Reporting Tools, for example, has received support for pulling in data from Cassandra and MongoDB. The new Project Stardust, contributed by SunGard (an IT business service company), was described by Milinkovich as a new yet mature business process management suite.’

「今回のリリースには様々なアップデートパッケージが含まれている。例えば、ビジネスインテリジェンス・レポートツールは、CassandraおよびMongoDBからのデータ抽出をサポートした。SunGard(およびITビジネスサービス会社)による新規プロジェクトStardustは、Milinkovich氏によれば、新しいながら、成熟したビジネスプロセス管理スィートだ。」

‘The Orion project received numerous updates, including support for running back-end servers for this browser-based IDE in Java runtimes. Previously, Orion ran on a more complicated, prebuilt stack from Eclipse that ran on the Jetty HTTPd server. In version 2.0, Orion added support for hosting the IDE in a Node.js instance. In 3.0, Orion can be deployed into an existing app server as a simple WAR file.
The Hudson continuous integration server was also updated for this release. For Hudson 3.1, said Milinkovich, “The focus was all around scalability. There are a lot of performance and memory consumption improvements. You can now install plug-ins without restarting Hudson, or forcing a restart of the application server Hudson’s on top of.”’

「Orionプロジェクトでは、多数のアップデートがあり、JavaランタイムでこのブラウザベースのIDEのためのバックエンドサーバのサポートなどが含まれる。以前Orionは、Jetty HTTPdサーバ上で動作し、Eclipseがプレビルドした複雑なスタックであった。バージョン2.0のOrionでは、Node.jsインスタンスでのIDEホスティングがサポートされた。バージョン3.0のOrionでゃ、単純なWARファイルとして既存のappサーバにデプロイ可能となる。継続的インテグレーションサーバHudsonも、今回のリリースでアップデートされている。Milinkovich氏よると、Hudson 3.1では、『スケーラビリティに注力した。パフォーマンスとメモリ消費の面で向上している。Hudsonを再起動することなく。あるいは、アプリケーションサーバの強制再起動をせずとも、プラグインをインストールできるようになった。」

Perhaps the most significant change in Eclipse 4.3 is one that will likely go unnoticed by most developers: The underlying build process for the Eclipse Foundation was rebuilt, and Kepler is the first release to take advantage of this redesign.
Said Milinkovich: “The project has switched over to our common build infrastructure, built on top of Maven and Tycho. For the first time, it’s possible for developers to build Eclipse on their laptop. In prior releases, the build we had for Eclipse took a lot longer to do. It was based on PDE/Build, and that uses a lot of technologies that Java developers weren’t familiar with. Moving us onto the common build infrastructure, and the technologies more Java developers are familiar with, I think over time will have some nice positive side effects of developers being more able to contribute to the platform. By dramatically reducing the complexity of that build, we’re hoping this will get more community involvement in making contributions to the platform.”

「おそらくEclipse 4.3で最も重要な変更は、ほとんどの開発者が気が付かないであろうものだ。Eclipse Foundationの背後のビルドプロセスは再構築され、Keplerはその再設計の恩恵を受ける最初のリリースとなる。Mikinkovich氏いわく、『MavenおよびTychoの上に構築され、共通のビルドインフラとなった。初めて、開発者はEclipseをラップトップ上で構築できるようになった。以前のリリースでは、Eclipseのビルドは非常に時間がかかった。PDE/Buildに基づいており、Java開発者が余り知らない技術を多数使っていた。共通のビルドインフラに移行し、Java開発者に馴染みがある技術に移行することにより、いずれ、開発者がプラットフォームに貢献できるようになるという、いい面での副次効果がでてきるはずだ。ビルドの複雑さを大幅になくすことにより、コミュニティがプラットフォームへより多く貢献してくれるだろう。」