インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

チェスマスターとスクラムマスター

Methods and Tools Editors Blogによると、Kenneth Rubin氏の「Essential Scrum」という著書の序文に次のような記述があるという。「新しいスクラムチームに、スクラムガイドを渡すだけで、後はいい結果が出ることを期待するのは、チェスの初心者に、チェスのルールを書いた15ページものを渡して、それを読んだ後、良いゲームをすることを期待するようなものだ」

Methods and Tools Editors Blogは続けて、

‘I like this analogy as the basic rules of Scrum seem simple, but a successful Scrum project, like a good chess game, depends on the ability to use these rules in the game context. Like Scrum, a chess game starts with a limited set of simple rules and six types of pieces. It is however the diversity of the situations that makes difficult to play chess at high level. Incidentally, chess has also a “timeboxing” feature as you are allowed only a limited amount of time to make all your moves. I admit having had only a limited practice with chess years ago, but I think that ScrumMasters and project managers could be inspired by some of the chess masters’ best practices.’

「私はこの喩えが好きだ。というのも、スクラムの基本ルールは単純に思えるが、スクラムプロジェクトで成功するには、良いチェスのゲームのように、ゲームの流れの中で、これらのルールを使う能力に依存するからだ。スクラムと同様、チェスのゲームも単純なルールと6種類の駒の限られたセットでスタートする。しかし、状況は多岐にわたるため、ハイレベルでチェスをプレーするには難しい。ついでに言えば、チェスには『時間制限』があり、手を打つまでに時間が限られている。かつて多少チェスをやったことがあるが、スクラムマスターやプロジェクトマネージャはチェスマスターの『ベストプラクティス」から何か得るものがあるかもしれない。」

chess

Image courtesy of zirconicusso at FreeDigitalPhotos.net

‘Chess masters learn by heart all the classical openings of their game. ScrumMasters should study the Scrum theory to understand the trade-off of their choices in all situations. Chess masters use the lessons from previous games and know by heart the full detail of historical games. ScrumMasters should participate to conferences or local Scrum groups meetings to learn from the experience of their peers. When they compete in a chess tournament, important chess masters have an advisory team to help them see the game with a different perspective. ScrumMasters should have a network of fellow ScrumMasters that will serve as a sounding board when they face some issues. Chess masters have an initial strategy but should be ready to change it during the game to counter the opponent moves. ScrumMasters should be able to react to every event that happens to the project. Chess masters are ready to sacrifice a piece to gain a better position. ScumMasters have to be ready to suffer some short-term pain if this should lead to long term gains. They will not dictate team decisions and allow team members to make “mistakes” if they could learn from it and change their practices.’

「チェスマスターは、典型的な序盤のさし方を徹底的に学んでいる。スクラムマスターはあらゆる状況下における選択肢のトレードオフを理解するために、スクラムのセオリーを学ばねばならない。チェスマスターは、過去のゲームから題材にし、徹底的に過去のゲームの詳細を理解している。スクラムマスターは、カンファレンスやローカルのスクラムグループの会合に参加し、そこの経験から学ばねばならない。チェストーナメントで対戦する際、重要なチェスマスターは、アドバイザリーチームを持っており、異なる視点からゲームを見れるようにしている。スクラムマスターは、スクラムマスターの仲間とネットワークを作り、何らかの問題に直面した時にサウンディングボードとして機能するようにすべきだ。チェスマスターは、序盤の戦略を持っているが、相手の動きに対抗するためにゲーム中に戦略を変える心構えが出来ている。スクラムマスターは、プロジェクトで起こるあらゆる出来事に反応できなければならない。チェスマスターは、より良いポジションを得るために、駒を犠牲にする準備が出来ている。スクラムマスターは、長期的にプラスであれば、短期的なマイナスを受け入れる心構えが出来ていなければならない。学びが得られ、かつ行いを変えられるのであれば、チームの決定を指図せず、チームメンバーが『間違いを起こす』ことを容認する。」

‘There is however a big difference between the game of chess and Scrum: people are not pieces that you can manipulate at will. The moves of chess pieces are strictly regulated. Their number and characteristic defined at the beginning of the game. Personal reactions of Scrum team members are not (completely) predictable or logical. On the positive side, the ScrumMaster could be able to create its own team or change team members in case of problems. Being a good chess master, ScrumMaster or software developer is also based on how much theory and experience, yours and those from others, you can use to think about when you have to solve problems. Nothing replaces the time you need to spend to acquire it. And this could be the last lesson from the chess masters: even if you are talented, you have to work hard to become one.’

「しかし、チェスとスクラムで大きく異なるところがある。人々は駒ではないため、うまく操縦できない。チェスの駒の動きは厳格に決められている。数やその特性はゲームの最初に決まっている。スクラムチームのメンバーの個人的な反応は、完全には予測できず、また論理的でもない。プラスの面でいえば、スクラムマスターは、自身のチームを作ったり、問題があればチームメンバーを代えることもできる。良いチェスマスターと同様、スクラムマスタースクラムマスターあるいはソフトウェア開発者は、問題を解決しなければならない時に、理論や経験、自身のものあるいは他者のものにかかわらず、どれだけ使って考えられるかだ。取得するには時間しかない。チェスマスターからの最後の教訓は、才能があっても、マスターになるには努力が必要だということ。」