インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

OpenStackはサポートが増えているものの、まだ成熟していない

Cloud OSとして注目されているOpenStack。Citrix、HP、RedHatがサポートすることを表明し、支持層は確実に広まっている。その一方、このオープンソースコミュニティやプロジェクトはまだまだ未熟だと、SD Timesに書かれている。Forrester ResearchのシニアアナリストDave Bartoletti氏によれば、特に、OpenStackを構成する様々なコンポーネント間のインタフェースのコードが流動的だとしている。コンピューティングリソースを割り当てるNva APIなど、OpenStackの内部APIの多くは、APIコールではバージョン番号が分からないという。

‘Greg Kleiman, senior director of strategy at the Red Hat Storage Business Unit, said there is no denying his company’s commitment to the project overall. “OpenStack is absolutely the Red Hat strategy for cloud,” he said. “We are 110% in on OpenStack in terms of our strategy to the cloud. Given that we’re bringing all our assets to bear across our portfolio, we think customers are going there, and therefore we want to be there.”
To that end, Red Hat has committed to helping build out OpenStack Storage components Cinder, Glance and Swift, and a new project proposed by NetApp for storing raw files in OpenStack Storage. With those three storage mechanisms in place, developers and admins will be able to choose between storing blocks, files or objects. Additionally, Red Hat plans to help contribute to a project that will allow raw instance storage within OpenStack.’

「Red Hatストレージビジネスユニットの戦略担当シニアディレクターのGreg Kleiman氏いわく、同社がプロジェクト全体にコミットしていることを否定しないとしている。『OpenstackはまさにRed Hatのクラウド戦略だ』『クラウドに対する戦略という意味ではOpenStackが110%だ。我々の資産のあらゆるものをポートフォリオに持ち込むなら、顧客もそこに向かうだろうし、従って、我々もそこに居たいのだ』と。結局Red HatはOpenStack StorageコンポーネントのCinder、Glance、Swift、およびOpenStack Storageでローファイルを保存するというNetAppの提案による新しいプロジェクトを支援することをコミットしている。これら3つのストレージ機構があれば、開発者や管理者はブロック、ファイル、オブジェクトのいずれを保存するかを選択することができる。さらにRed HatはOpenStack内でローインスタンスストレージを可能にするプロジェクトも支援する計画だ。」

OpenStack

‘And while Red Hat and others are touting early-adoption customers, such as Best Buy and Bloomberg, Bartoletti said that there is a danger for early adopters in the form of removing themselves from the open-source pool due to the necessity of customization. Building on OpenStack this early, he said, could result in forking yourself away from the project.’

「Red Hatやその他が、Best BuyやBloombergなどのアーリーアダプターを褒め称えている一方、Bartoletti氏によれば、カスタム化が必要であるために、アーリーアダプターには、
オープンソースのプールとは別になってしまうという危険性もあるとしている。同氏によれば、早期にOpenStackで構築してしまうと、プロジェクトから遠く離れていってしまう結果になりえるとしている。」

‘“They’re doing it because it’s exciting. It’s a vibrant, active community,” said Bartoletti “The Comcast guys said the reason they wanted to [build with OpenStack] was they liked the community aspect of it. To them, they liked that over a more packaged vendor solution where they’d be limited in what they could do.”’

「『彼らはエキサイティングだからやっているのだ。活気に満ちたアクティブなコミュニティなのだ』と同氏。『Comcastの連中によれば、(Openstackで構築することを)やりたかった理由は、コミュニティが好きだったからだ。彼らにとって、パッケージベンダーのソリューションよりも、やれることが限られているところがすきなのだ。』」

‘Ultimately, while OpenStack still has some distance to cover before it could be considered mature enough for enterprise use out of the box, it’s still offering a very compelling use case to businesses as a way to bring shadow IT under control.’

「究極的には、OpenStackはそのままで企業向けとして十分成熟していると考えられるにはまだ距離があるが、シャドーIT状態をコントロール下に戻す方法として、ビジネス的に注目すべきユースケースではある。」

‘“What Best Buy was focused on,” said Bartoletti, “was that they have a bunch of teams building in Amazon. Then, they bring it back inside and the internal team has to rebuild these environments and match them. It’s more a way of saying, ‘Let’s build our own development platform that looks Amazon-y, has a self-service portal and some interesting blueprints and templates, and try to offer developers the same speed internally while leveraging the same infrastructure. I don’t think that’s for everybody. These guys were definitely early adopters.”’

「Bartoletti氏いわく、『Best Buyが注目されたのは、数多くのチームがAmazonで構築していることだ。なので、それを社内に戻し、社内チームが同じような環境を再構築するのだ。言い換えれば『Amazonのような、セルフサービスのポータルを持ち、いくつかの面白い雛形とテンプレートがあるような、独自の開発プラットフォームを構築し、開発者に、同じインフラを活用しながら、社内的に同様のスピードを提供してみよう』ということだ。彼らは、まさにアーリーアダプタだ』」