インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Protecode社、オープンソース採用の管理ツールを強化したProtecode System 4™を発表

カナダのオタワを拠点とし、オープンソース採用の管理ソリューションを提供しているProtecode社が、同社のProtecode System 4™の強化版を発表。40%のパフォーマンス向上、言語対応の強化、ユーザインタフェースのアップグレード、レポート機能の拡張、SPDX 1.1サポートの強化などが含まれているという。オープンソースの混入によるライセンス違反などをおこなさないよう管理するもの。Software Development Tools Directoryの記事より。

‘The fastest engine for scanning, detecting and managing open source licenses on the market is now even faster. System 4 has introduced a new high-performance local Pedigree Database (PDB) engine, increasing the velocity of scanning and managing a local software attributes’ inventory by 40%, and positioning the product suite for a range of exciting new capabilities in the future.’

「オープンソースのライセンスをスキャンし、検出し、管理するエンジンとして最速であったものが、さらに一層高速になった。System 4では、高速なローカルのPeigree Database(PDB)エンジンを採用し、ローカルソフトウェア属性のインベントリをスキャンし、管理する速度が50%向上。今後魅力的な新機能を搭載した製品スィートになると位置づけられるもの。」

Protecode

‘Protecode has also expanded its language support. As a result of the proliferation of smart mobile devices, Protecode has focused on perfecting its language capabilities and Global IP Signatures (GIPS) inventory to cater to the mobile application market. Support for new file formats is backed by Protecode’s GIPS database, a unique collection of more than 340 million reference public domain software files and their attributes.’

「Protecodeはさらに、言語サポートも拡張。スマートモバイル端末の拡大の結果、Protecodeは、モバイルアプリケーション市場を狙い、言語機能とグローバルIPシグネチャインベントリの対応を完璧にすることに注力してきている。3億4000万以上のパブリックドメインのソフトウェアファイルとその属性を集めたユニークなProtecodeのGIPSデータベースにより、新しいファイルフォーマットもサポートされている。」

‘Additional features include upgrades and expansion of its industry-unique License Obligations Report (LOR) capability, allowing the resolution of license ambiguities and recovery of correct open source usage scenarios within multiple projects in an organization automatically.’

「その他の追加機能として、業界では唯一のライセンス義務レポート(LOR)を強化。ライセンスが曖昧な状態を解消し、組織内での複数のプロジェクト内において、オープンソースの使用を自動的に正す機能が追加された。」

‘A new User Interface (UI) skin and arrangement makes the already user-friendly solution even more attractive, and single-click web search capability enables compliance teams to access additional information about Open Source Software (OSS) packages in a portfolio quickly and easily. Browser support has also been expanded to include Google Chrome.’

「新しいユーザインタフェースのスキンとレイアウトにより、既に使いやすいソリューションであったものをさらに魅力的にし、シングルクリックでウェブ検索できる機能により、コンプライアンスチームは、ポートフォリオ内のOSSパッケージについての詳細情報を迅速かつ簡単にアクセスできるようになった。ブラウザ対応も拡張され、Google Chromeに対応した。」