インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウドサーバも見た目だ!

Crayにも代表されるように、かつてコンピュータの筐体もユニークなものがあった。ところがこのところ、特にサーバ系は、ラック自体に多少の工夫はあっても、基本的に味気ないデザインが当たり前になって、実につまらない。もうちょっと何とかならないものかと思っていたところ、そんな現状を打破しようというものが現れた。Nebula社だ。FastCompanyの記事より。

‘But the Nebula One marks another first in the industry in its foray into branded, industrial design. Nebula hired Astro Studios, best known for their work on the Nike+ Fuelband, to rethink and rebrand the black box server. And what Astro created is a glowing, geometric wet dream for geeks (Patrick Stewart himself even narrates the video). To do so, they actually had to dig deep within the psychological appeal of science fiction. Because where most servers place perforated metal for airflow, the One has overlaid that with responsive LED piping. That piping forms a nebula (or “the ultimate cloud”) that’s inherently unsettling.’’

「Nebula Oneは、業界で初めて、ブランドに基づいた工業デザインを持ち込んだ。Nebula社は、Nike+ フューエルバンドで有名なAstro Sudiosを雇い、黒に箱のサーバを再考し、再ブランド化したのだ。Astro社が作ったのは、光り輝く幾何学的なギークにとっての夢だ(Patrick Stewart自身がビデオのナレーションをしている)。そのために、サイエンスフィクションの心理面に深く入り込んでいる。ほとんどのサーバは、エアフローのために、穴あきのメタルの中に入れられているところ、Nebula Oneは、反応するLEPパイプで飾られている。このパイプは、必然的に心を揺さぶるnebula(または『ultimate cloud』)を形作っている。」

nebula

‘And while that might sound like a silly approach to creating a server, the Nebula One is touching on a deeper issue: If our smartest computers come in the plainest of boxes, how can we demonstrate that they’re smart, or listening, or any of these things?’

「サーバをこんな風に作るのはおろかなことのように聞こえるかもしれないが、Nebula Oneはもっと深いところを狙っている。最もスマートなコンピュータが単純な箱に入っているなら、どうやってスマートで、ちゃんと聞くなどしていることを示せるだろうか。」

‘So today, the Nebula One is a server that looks a lot cooler than your average IT closet. But this trend of visualizing AI is only in its infancy. Because when HAL does eventually take over the world, it would at least be nice to see him blink.’

「そこで、Nebula Oneは普通のITクローゼットよりはるかにカッコいい。しかし、AIを可視化するというトレンドはまだ途についたばかり。HALが世界を征服する時、少なくとも、チカチカしている方がいいだろう。」