インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

MapR Technologies社、画期的なHadoop上のNoSQLデータベースを提供

Hadoop技術を提供しているMapR Technologies社は、NoSQLおよびHadoopアプリケーションに対し、使いやすさ、高信頼性、高性能を提供するビッグデータプラットフォーム、MapR M7の即時リリースを発表。M7版では、NoSQLソリューションの採用を検討している企業が直面しているトレードオフを解消し、スケーラビリティ、データ一貫性、信頼性、低レイテンシーを実現しているという。SD Timesの記事より。

‘The MapR M7 Edition is architected from the ground up to deliver reliability and performance without requiring compactions or background consistency checks to work smoothly. M7 delivers over one million operations/sec with a ten-node cluster and provides dramatic scalability advantages with support for up to one trillion tables across thousands of nodes. M7 also provides instant recovery from failures, ensuring 99.999% availability for HBase and Hadoop applications. With M7, there are no region servers, additional processes, or any redundant layer between the application and the data residing in the cluster. M7’s zero-administration approach includes automatic region splits and self-tuning with no downtime required for any operation, including schema changes.’

「MapR M7版では、コンパクト化やバックグラウンドの一貫性チェックなどを行なうことなく、信頼性と性能を実現し、スムーズに動作させるために、ゼロから設計されたもの。M7版では、10ノードのクラスターで、毎秒100万オペレーション以上を達成するとともに、数千のノード上で1兆個のテーブルまでサポートできる画期的なスケーラビリティを実現している。M7版ではまた、障害からの即時リカバリー機能により、HBaseやHadoopアプリケーションに対して99.999%の可用性を実現している。M7版により、アプリケーションとクラスタ内のデータとの間で、個別地域サーバや、追加のプロセス、冗長レイヤーなどは存在しなくなる。M7版の管理不要手法には、自動地域分割やセルフチューニング機能が含まれており、スキーマ変更などあらゆるオペレーションに対し、ダウンタイムが不要となっている。」

MapR

提供時期:

’MapR M7 Edition is now available. MapR M7 supports Big Data operations ranging from batch analytics to real-time database functions that can be performed with enterprise-grade reliability and protection. MapR also announced today the integration of search and discovery in its Big Data platform which will be available on M7 next quarter.’

「MapR M7版は現時点で利用可能。MapR M7はバッチアナリティクスからリアルタイムデータベース機能までの範囲のビッグデータ運用を、エンタープライズクラスの信頼性と保護機能でサポートする。MapRはまた、ビッグデータプラットフォームにサーチとディスカバリー機能の統合し、M7版として次四半期にリリースすると発表している。」