インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

マスマーケットをターゲットにするなら製品はシンプルでなければならない理由とは

マスマーケットをターゲットにするなら、製品はシンプルでなければならない。よく言われることのようではあるが、ではその理由は何か。Bump社の共同創設者DAVID LIEB氏がその理由をFastCompanyで説明している。それは「Cognitive Overhead(認知上のオーバーヘッド)が多すぎるから」だと。

Cognitive Overheadとは何か。ウェブデザイナーDavid Damaree氏が以下のように定義している。

‘Cognitive overhead: how many logical connections or jumps your brain has to make in order to understand or contextualize the thing you’re looking at.’

「認知上のオーバーヘッド:見ているものを理解あるいは解釈するために頭脳が論理的関連性あるいは飛躍を何度しなければならないか。」

‘Lieb says that minimizing cognitive overhead is crucial for the mass market: if you want to get a hockey stick growth, you’re not designing for computer programmers or tech bloggers–you’re making it for grandmas and teens who are in line at the grocery store and texting with their friend. And as the mobile wave continues to build, you’re also designing for a kid on a motorcycle in Bangkok. That’s how massive the broadband mass market is: in a few years, 5 billion people.’

「Lieb氏いわく、認知上のオーバーヘッドを最小化するkとおが、マスマーケット市場向けには必須だ。ホッケースティック型に成長したければ、コンピュータプログラマや技術系ブロガー向けにデザインするのではなく、食料品店で並んでいて、友達とメッセージをやりとりしているようなおばあちゃんやティーンエイジャー向けにすることだ。さらにモバイルの波が押し寄せているため、バンコックで自転車に乗っている子供向けにもデザインにしなければならない。それが数年以内に50億人になる、ブロードバンド時代のマスマーケットだ。」

brain

Image courtesy of luigi diamanti at FreeDigitalPhotos.net

製品がシンプルでも、実際の使い勝手は全く逆になる場合もあるという。

‘Let’s hate on QR codes for a moment longer: While they were designed for speed, ubiquity, and a small number of steps, Lieb says that they dropped the cognitive overhead ball: “So it’s a barcode? No? It’s a website? Okay. But I open websites with my web browser, not my camera. So I take a picture of it? No, I take a picture of it with an app? Which app?”’

「少しQRコードを取り上げてみよう。スピード、ユビキタス性、少ないステップでできるようにデザインされているが、Lieb氏いわく、認知上のオーバーヘッドがあるという。『だからこれはバーコードなの?違うの。ウェブサイトなの。わかった。だけど、ウェブサイトはブラウザで開くもので、カメラではない。だから写真を撮るの?アプリで写真を撮るの?どのアプリで?』」

‘Conversely, successful products turn complex processes into simple experiences. Lieb uses Shazam as an example: While the app does the magically complex task of listening to a song and telling you what it is, the user’s cognitive overhead remains low.’

「逆に良く出来た製品は複雑なプロセスをシンプルな使い勝手に変えている。Lieb氏はShazamを例に出している。アプリ自体、音楽を聴きながら、それが何かを教えてくれるという魔法的に複雑なタスクをこなしているが、ユーザの認識オーバーヘッドは低いままだ。」

‘Like Lieb says, Shazam is so successfully simple because it involves the user in the workflow: You press a button to “start listening,” the app tells you it’s listening, and your phone vibrates when a match is found. The process could be accelerated, Lieb says, but it would cut the user out of the experience, reducing cognitive simplicity. It’s about human-centric design thinking and understanding what, exactly, the user is hiring your product to do.’

「Lieb氏がいうように、Shazamはユーザをワークフローに取り込んでいるいるため、非常にシンプルだ。『聞く』ボタンを押せば、アプリが聞いていることを教えてくれ、合致するものがあればバイブレータで作動する。Lieb氏いわく、そのプロセスはもっと短くすることができるが、認識のシンプルさを疎外し、使い勝手が悪くなってしまう。人間中心のデザインの考え方であり、ユーザが何を製品に何を求めているかを正確に理解することでもある。」