インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

モバイルや組み込み系システム向けITTIA DB SQL、ビッグデータに対応

以前にも紹介したITTIAは、ローカルリソースが限られている組み込み系システム用のデータベースITTIA DB SQLがビッグデータに対応したと発表。このユニークな技術によりm、大規模なデータセットを幅広い種類の装置に分散して持たせることができ、装置ごとに、数百万行のデータを持たせることも基本的に可能となるとのこと。アプリケーションからは、個々の装置でクエリを実行させることや、データウェアハウスやデータマイニング用として、バックエンドシステムでデータの固まりとして処理することも可能。これにより、開発者は、実績のあるミッションクリティカルなシステムと高信頼性を持つ組み込み型データベースソフトウェアとを活用できるようになるという。

‘In recent market evolutions, developers of applications for embedded systems – including medical devices, industrial automation, automotive software, and mobile tablets – often encounter serious data management challenges in which a large amount of data is collected and accumulated at different locations. Typical queries required by end users of these systems are not easily met.’

「最近市場では、医療装置、産業オートメーション、車載ソフトウェア、モバイルタブレットなど、組み込み系システム用のアプリケーションの開発者は、地理的に分散した大容量データの収集と蓄積という、データ管理の深刻な課題に直面している。これらのシステムのエンドユーザが要求するクエリは、通常簡単に実現できない。」

ITTIA

‘With ITTIA DB SQL, device applications can continuously exchange selected local changes with other interested devices and servers. Data produced on the device or retrieved from other systems can be locally queried for rapid decision-making, ensuring that each device functions autonomously. Local queries are not interrupted by a background data exchange, which is important for maintaining responsive user interaction.’

「ITTIA DB SQLにより、装置上のアプリケーションは、ローカルの変更点を他の装置やサーバと継続的にやりとりすることができる。装置で生成されたデータ、他のシステムから取得したデータに対して、迅速な意思決定のためのローカル検索を行なうことができ、各装置の機能は独立して動作可能。ローカルの検索は、バックグラウンドのデータ通信により中断されることがなく、ユーザの操作に対する良好なレスポンスを維持することができる。」

‘Embedded ecosystems are generally composed of many devices that divide up a big data problem. Some data is private to each device, while other data is shared with select peers. ITTIA DB SQL uses replication and synchronization to efficiently distribute local data with other devices and back-end databases according to the application’s business logic and policies. Any number of peers can participate in replication, allowing an ecosystem to scale up as more devices are added.’

「組み込み系のエコシステムは通常、ビッグデータ問題を分割し、多数の装置から構成されている。データによっては、各装置用にのみなっている。一方、他のデータは特定のペア間で共有されている。ITTIA DB SQLは、アプリケーションの業務ロジックと方針に基づいて、ローカルデータを他の装置やバックエンドデータベースに効率良く配信するレプリケーションと同期機能を有する。レプリケーションに参加するペアの組み合わせ数に制限はなく、装置が追加されるにつれ、エコシステムもスケールアップするようになっている。」

‘Devices in an ecosystem often run on a variety of platforms and processor architectures. ITTIA DB SQL keeps these devices connected with a cross-platform approach to data management. ITTIA DB SQL supports ARM, MIPS, PowerPC, and x86 architectures for applications developed on Windows, Linux, Android, QNX, ThreadX, μcOS-II, VxWorks, and more – even with a custom file system and no operating system.’

「エコシステム内の装置は、様々なプラットフォームやプロセッサアーキテクチャ上で動作していることが多い。ITTIA DB SQLは、データ管理のための暮らすプラットフォーム手法により、これらの装置間の接続を維持している。ITTIA DB SQLは、ARM、MIPS、PowerPC、x86アーキテクチャ、さらには、Windows、Linux、Android、QNX、ThreadX、μcOS-II、VxWorksなどで開発されたアプリケーションをサポートしている。カスタムのファイルシステムやOSがないものにも対応している。」