インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

エクストリーム・プロジェクトマネージメント手法の使いどころ

実現できないほど多数の要件がある時、何を実現すべきかに複数の選択肢がある時、途中で変更できるようにしておく必要があるかもしれない。そんな場合には、エクストリーム・プロジェクトマネージメント手法が有効かもしれない。Bright Hub PMの記事より

‘Extreme Project Management (XPM) is a methodology used to run complex projects that don’t necessarily have an easy to understand end point. It is somewhat related to Agile Project Management, but a different breed altogether. XPM lines up with the development methodology known as Extreme Programming. The key to both methodologies is the flexibility and adaptability built into the process. It also has client or stakeholder interactivity as a requirement for success.’

「エクストリーム・プロジェクトマネージメント(XPM: Extreme Project Management)は、必ずしも分かりやすい終着点が存在しているわけではないといった複雑なプロジェクトに使える手法。アジャイルプロジェクトマネージメントと似ているが、違うタイプのものだ。XPMは、エクストリーム・プログラミングとして知られている開発手法の流れをくむもの。いずれの手法でも重要な点は、プロセスに柔軟性と適用性を持たせていること。また、プロジェクトの成功させるために、クライアントやステークホルダーとのやり取りを行なう。」

ID-10036968

Image courtesy of M – Pics at FreeDigitalPhotos.net

‘The project team (or project sponsor) is able to define and redefine success along the way. This can be because of market changes, new information, or simply the passage of time. Features and functionality can be reprioritized or simply dropped from the list of things to do. In many cases, this is what software projects are like. Software is easy to change, and can change usage as more and more customers start using the product.’

「プロジェクトチーム(あるいはプロジェクトスポンサー)は途中でプロジェクトの成功とは何かを定義し、再定義することができる。これは市場の変化によるもの、新情報によるもの、あるいは単に時間が経過したことにようるものなどによる。機能群の優先度の付け直し、あるいは単にやるべきことのリストから落としてしまうことも可能。多くの場合、ソフトウェアプロジェクトがこんな感じだ。ソフトウェアは簡単に変更することができ、また、顧客が製品を使い始めると、利用の仕方も変わってくるものだ。」

‘Another class of project that fits XPM very well are ones that are highly complex. If you find that you have many more requirements then you can possibly deliver, or there are several choices about what to deliver, then you may need the ability to change your mind in the middle. Also, the more requirements you need to gather, the more work you’ll have to do up front in documenting them, perhaps causing a huge delay in the project start. If your team wants to get started, and wants to make progress, then this methodology works very well.

「極めて複雑なプロジェクトにもXPMはフィットする。また、収集すべき要件が多ければ多いほど、まずはドキュメント化する作業が増え、結果、プロジェクト開始が大幅に遅れてしまうことになる。チームとしては、早く着手し、進展を見たいという場合には、この手法が適している。」

‘If you have decided to use XPM, then the business owner must sign up to stay involved with the project from start to finish. In order for the list of priorities to be flexible, they must know what’s on the list, how progress is going, and be able to make intelligent tradeoffs in the moment. Additionally, the project manager has a task that doesn’t exist in other methods – human or client management. It’s a luxury to be able to get the requirements and disappear for six months or more while you build the project. In this method, the interaction between PM ad business owner and other stakeholders is not only constant, but doing it well is vital to a well run project.’

「XPMの手法を採用することに決めた場合、ビジネスオーナーは、プロジェクトの最初から最後まで、積極的に関与することを約束する必要がある。優先度リストの柔軟性を保っていくには、その時々で何がリストに上がっているか、進捗はどうかがわかっており、賢いトレードオフができるようになっている必要がある。さらに、プロジェクトマネージャは、他の手法では出てこないタスクを負う。人的あるいはクライアント管理だ。この手法では、PMとビジネスオーナーや他のステークホルダーとのやり取りは、単に定期的に発生するということのみならず、プロジェクト遂行には必須だ。」

‘You need to consider how complex the project is, how likely the requirements are to change, and how involved your business owner is going to be in the process. If the goal is progress – or speed to market – and you want to provide flexibility about what to deliver, then XPM may very well be the way to go.’

「(XPMを採用するには)プロジェクトがどの程度複雑か、要件がどの程度変わりそうか、ビジネスオーナーの関与はどの程度期待できるかを見極める必要がある。目標が「進展」、あるいは、早期市場投入で、成果物とは何かについて受難性が必要であれば、XPMはいい選択肢だ。」