インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

raw engineering社、企業向けモバイルアプリ開発プラットフォームbuilt.ioをリリース

企業向けアプリ開発を手がけるraw engineering社は、企業や企業開発者向けにゼロから開発した、モバイルのバックエンドおよびアプリケーション開発用プラットフォームとして唯一となるbuilt.ioのリリースを発表した。iOS、Android、Javascript向けの統合開発キットであるbuilt.ioにより、短期間にアプリケーションを開発することができるという。

Software Development Tools Directoryの記事より。

‘built.io’s platform helps developers securely and seamlessly turn on core functionality like notifications, user authentication, social media integration, and uploads. For business users, a comprehensive content management system is available to allow them to administer features, content and settings from an easy-to-use dashboard. Integrated analytics give business users insight into activity and actions within their app. With enterprise-class security and the option for a dedicated built.io cloud instance, companies can protect their app investments.’

「buit.ioのプラットフォームにより、開発者は、通知、ユーザ認証、ソーシャルメディア統合、アップロードなどのコア機能をセキュアかつシームレスに有効化することができる。ビジネスユーザ向けに、広範なコンテンツ管理システムが用意されており、使いやすいダッシュボードから、機能、コンテンツ、設定などを管理することができる。統合されたアナリティクス機能を使用すると、アプリ内での行動やアクションから気づきをえることができる。専用のbuilt.ioクラウドインスタンスには、企業用途向けレベルのセキュリティとオプションが用意されており、企業はアプリ環境を保護することができるようになっている。」

raw engineering

— built.ioは、現在の企業がかかえるモバイルアプリ開発に関する3つの大きな課題に対応しているとのこと。

  • Makes backend complexity a thing of the past, saving developers and companies valuable time and investment.
  • Allows developers to deliver core functionality in apps without building it from scratch, letting them focus on delivering a solid user experience.
  • Includes an integrated, comprehensive content management system for self-service so business users can handle firedrills on their own.

 

  • バックエンドの複雑さを過去のものとし、開発者と企業の貴重な時間と投資をセーブすることができる。
  • 開発者がスクラッチから開発せずとも、アプリのコア機能を提供可能となっており、開発者は、ユーザの使い勝手を確かなものにすることに注力できる。
  • セルフサービス用に、広範なコンテンツ管理システムを統合しており、ビジネスユーザが自身で対応可能。