インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

従来型でありながらスケーラビリティを売りにするクラウドデータベースのParElastic社、5700万ドルの資金を調達

クラウドデータマネージメントを提供するParElastic社は、5700万ドルの資金を調達したと発表。これまですでに300万ドルの資金を調達しており、合計で8700万ドルの資金を調達したことになるという。Software Development Tools Directoryの記事より。

‘The company’s product, the ParElastic Database Virtualization Engine™ allows users to execute workloads that exceed the capabilities of a single database server. Unlike NoSQL or NewSQL solutions, however, which require the migration to new database technologies, ParElastic does this by making multiple standard database servers work together as a single virtual database, provisioning only the resources needed to satisfy the demands of the application at any given instant, and requiring absolutely no changes in application code.’

「同社の製品であるParElastic Database Virtualization Engine™は、単一のデータベースのキャパを超えるような負荷を処理できるようにするもの。新しいデータベース技術への移行を余儀なくされるNoSQLやNewSQLのソリューションとは異なり、。ParElasticでは、複数の標準データベースサーバを単一の仮想データベースとして動作させることにより実現するもので、ある時点でのアプリケーションが必要とするリソースにあわせた分のみをプロビジョニングし、アプリケーションコードには一切変更が不要。」

ParElastic

‘In addition to allowing clients to handle high volume database workloads like digital gaming, eCommerce and social media applications, the product’s multi-tenancy features make it ideal for SaaS environments and, in the future, true relational Database as a Service.’

「デジタルゲーム、Eコマース、ソーシャルメディアアプリケーションなど、データベースに対する高負荷に対応できるようにするとともに、銅製品はマルチテナントで動作できるため、SaaS環境向けに理想的であり、将来的には真の『サービスとしてのリレーショナルデータベース』となりうる。」

‘In its short life, the company has already been issued 3 patents for the innovative technology behind its product, the ParElastic Database Virtualization Engine™. The solution combines the proven scalable architecture of a parallel database with the flexibility of the cloud and the maturity and stability of standard MySQL servers, while requiring no changes to application code or the introduction of complex sharding code.’

「歴史的には浅いが、ParElastic Database Virtualization Engine製品に使われている革新的な技術に対し、既に3つの特許を申請している。パラレルデータベース向けで実証済みのスケーラブルアーキテクチャと、クラウドの柔軟性と標準のSQLという成熟性、安定性を組み合わせたソリューションである一方、アプリケーションコードの変更や、複雑な共有コードの導入は不要。」