インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

プラットフォームのルールを守らないと痛い目に合う

以前Twitter APIのルール変更により、IFTTTがサービス内容の変更を余儀なくされ、その影響をモロに受けてしまった件を紹介した。このケースではサービスのうち一部が影響を受けただけであったため、まだ回避策が考えられた。だがRibbonというスタートアップ企業の場合、同社が開始したTwitterベースの決済システムは、全くサービス提供できなくなった。それもこれもプラットフォームのルールに従わなかったからだ。ルールに従うのは当然にせよ、このRibbon社のケースでは、事前にTwitterに相談していたようではあるが。AllThingsDの記事より

‘The main draw was the ability to buy stuff from inside a tweet, simply by clicking on a button and entering your credit card info and shipping deets.’

「最も注目すべき点は、ツィートの中から買い物できるというもので、単にボタンをクリックして、クレジットカード番号と送付先を入力するだけというものであった。」

‘But long story short, Twitter shut off support to Ribbon’s new feature within a few hours after launch. The company flipped out, wrote a huffy blog post about the incident, and quickly reached out to media outlets about the upset.’

「ただ簡単に言えば、Twitterは、サービス開始から数時間以内にRibbon社の新機能のサポートを停止してしまった。同社は怒り、不機嫌なブログのポストでこの件を書き、怒っていることをメディアに流したのだ。」

Ribbon Blog

‘Here’s the thing. Ribbon’s new payment platform rests on Twitter’s “cards” technology, Twitter’s much-hyped way of helping developers make their tweets richer. There are photo cards, text-based cards, video player cards, and other more recent additions like product and app cards, and developers still need Twitter’s approval to implement them.’

「ポイントはこうだ。Ribbon社の新しい決済プラットフォームは、Twitterの『カード』技術、すなわち開発者がツィートをよりリッチにできるようにと、Twitterが非常に力を入れているもの、の上に成り立っているのだ。フォトカード、テキストベースカード、ビデオプレイヤーカード、さらには最近追加された製品やアプリカードなどがあり、開発者が実装する際は、まだTwitterの承認が必要となっている。」

‘According to a source familiar with how cards work, however, it looks like Ribbon wasn’t playing by the rules. Today, Twitter doesn’t support making payments with cards. But what Ribbon could have done was request approval for one type of card — say, a video player card — and then switch up what would actually be happening after launching the product. In other words: Request player card access, then hack together a payments workaround to put into the card after the fact.’

「だが、このカードの仕組みに詳しい人によれば、Ribbon社は、ルールを守っていなかったようだ。現在、Twitterはカードでの決済をサポートしていない。しかしRibbon社がやれたであろうことは、例えばビデオプレイヤーカードなど、いずれかのカードのタイプについて承認申請することであった。その後、製品をローンチした後に、意図した形に切り替えればよかった。言い換えれば、プレイヤーカードへのアクセスを承認申請し、カードに決済機能を埋め込んでしまえばよかったのだ。」

‘Part of me wants to congratulate Ribbon for hacking together a solution. Good for you guys! Ingenuity is always cool to see on major platforms, especially when introducing shiny new products that Twitter hasn’t even introduced — or officially supported — yet. It’s the hacker way! Or something.’

「一方では、ソリューションを埋め込めたことを祝いたい気持ちだ。よくやったと。主たるプラットフォームの上で、難問を解決すること、特にTwitterがサポート出来ていない輝かしい新しい製品を出せたことは、すごいことだ。しかし、これはハッキング手法だ。もしくはその類だ。」

‘But another part of me wonders why Ribbon — or a developer like Ribbon — needed to jump the gun in the first place. For a long time now, Twitter has hinted at e-commerce options coming to its platform at some point in the future. Global revenue president Adam Bain has publicly remarkedon the future of purchasing things through Twitter, how “buying directly from tweets will be huge” at some point.’

「他方、何故Ribbon社、あるいはRibbon社のような開発会社が、最初にフライングしたのか、不思議に思う。これまでTwitterは将来どこかの時点で、Eコマースオプションを入れるとほのめかしてきた。Global Revenue担当社長Adam Bain氏は、Twitterでも物販の将来や『ツィートから直接購入できることは大きなビジネスになる』と公言していたのだから。

‘In short, this is obviously a direction Twitter wants to go. So why hop the line and hack together a workaround? It attracts a flurry of negative, twitch-level press, and most likely gets your startup on Twitter’s bad side. Not sure if its worth it just to be the first product to market on a platform.’

「簡単にいえば、これは明らかにTwitterが進もうとしている方向だ。だから何故ラインを超えて、別の方法を実現してしまったのか。ネガティブでTwitchレベルのプレスのいくつかをひきつけるだけで、Twitterの悪い側面にスタートアップ企業を追いやる可能性が大だ。プラットフォーム上で最初の製品になることがそれほど価値があるとは思えない。」

‘“Like any developer on Twitter, we had a hunch that this might happen,” Hany Rashwan, CEO of Ribbon, told me. “However, we’ve had extensive contact with Twitter about what we’re building and finding ways of working together. We’re still excited about the possibilities of what we can build and are looking forward to working with them in the future.” He maintained that the two companies are still in contact.’

「Ribbon社のCEO、Hany Rashwan氏はこう語っている。『Twitter上のあらゆる開発者と同様、このようなことが起こるのではないかと思っていた。』『しかし、我々が何を構築しているのか、どう共同でやっていくのかについて、Twitter社と何度もコンタクトしてきた。我々が構築できるものの可能性に大いに興奮しており、今後とも彼らと共同でやっていきたいと考えている』。同氏によれば、両社は接触を続けているとしている。Twitter側は本件についてコメントを出していない。」

 

Twitter didn’t have a comment on the matter.