インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

RedHat社、JBoss FuseとA-MQをリリース

RedHat社は、「intelligent integrated enterprise(知的に統合された企業)」と呼プラットフォームに同社のミドルウェアソリューションJBoss製品ラインを統合していくための、キーとなる製品を発表した。2012年9月にFuseSourceから取得したFuse ESB Enterpriseとして知られるJBoss Fuseと、Fuse MQ EnterpriseとApache ActiveMQプロジェクトに基づくオープンソースのメッセージキューをブランド変更し、サポートしたJBoss A-MQだ。SDTimesの記事から

ID-100146288

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

‘To illustrate what he meant by “intelligent integrated enterprise,” Pierre Fricke, Red Hat’s director of integration and BPM products, used the example of a website that sold basketballs. When a user clicks on the basketball to purchase, he or she is offered other types of balls to purchase, such as baseballs or footballs, and the only delivery option is by direct shipping. But it’s more likely the purchasers of a basketball would want an air pump or a jersey than a football, and they might want to pick it up from a local store because they need it for a birthday party later that afternoon, he said.’

「RedHatの統合およびBPM製品のディレクターPierre Fricke氏は、『intelligent integrated enterprise』が意味するところを節女するために、バスケットボールを販売したウェブサイトを例にした。ユーザが購入のためにバスケットボールをクリックすると、野球ボールやフットボールなど、その他のお勧めのボールが紹介され、配送オプションは直送のみ。しかし、バスケットボールの購入者は、むしろ、フットボールより、空気入れやジャージの方が欲しい可能性が高く、また、近くの店舗で受け取りたいと考えるかもしれない。なぜなら、その日の午後の誕生日パーティが使いたいからだ。」

‘To achieve this, organizations need to realize that “the enterprise extends far beyond the data center,” Fricke said. They need to tie in to their back ends for updating the application, taking the order, processing it, billing, and shipping, but they also have to connect to external systems of their partners, outlets and distributors. And, they need to know what kind of device the customer is using.’

「これを実現するためには、企業は『データセンターをはるかに越えたもの』であるこおを認識する必要があると、Friscke氏。アプリケーションの更新、受注、処理、決済、配送などのバックエンドが密接につながっている必要があり、また、パートナー、店舗、配送業者などの外部システムとも連携する必要がある。また、顧客がどのような端末を理黄しているかも知っておく必要がある。」

‘Organizations today try to do this with batch delivery and a hub-like architecture, but these only enable each end point to communicate with the central server, not with each other.
The JBoss vision of intelligent integrated enterprise breaks down batch deliveries and hub-like communication by deploying ESBs and messaging queues at store outlets, with distributors, and on devices.’

「今日企業は、バッチ配送とハブのようなアーキテクチャで実現しようとしているが、これでは、エンドポイントとサーバとの通信は可能だが、エンドポイント相互間の通信はできない。JBoss版のintelligent integrated enterpiseでは、店舗、代理店、端末でメッセージキューを実装することにより、バッチ配信とハブのような通信に分解する。」

‘The company also plans to release a SOA platform later this year that will add capabilities for developing, deploying and integrating applications, along with governance and registry. “The SOA platform offers more out of the box than Fuse,” Fricke said. It uses the Service Component Architecture and is based on JBoss’ SCA-based Enterprise Application Platform; Fuse and A-MQ are based on OSGi.’

「同社はたま、今年の終わりにSOAプラットフォームをリリースする予定で、ガバナンスとレジストリに加え、開発、デプロイ、統合アプリケーションの機能もあわせ持つ予定。『SOAプラットフォームはFuseよりもそのままで利用できるソリューションだ」とFricke氏。Service Componentアーキテクチャを使用しており、JBossに基づくもの。FesuやA-MQなどSCAベースのEnterpriseアプリケーション・プラットフォームはOSGiに基づいている。」