インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Apache Software Foundation、トップレベルプロジェクトとしてApache Bloodhoundを発表

Apache Software Foundationは、Apache BloodhoundがApache Incubatorを卒業し、トップレベルプロジェクトになったと発表した。これは同プロジェクトのコミュニティと製品が、ASFの能力主義的プロセスと原則の下、非常に良く管理されていたことを示しているという。

‘Apache Bloodhound is a world-class software development collaboration tool, including issue tracking, wiki and repository browsing based on Trac, the Open Source, Web-based project management and bug tracking system.’

「Apache Bloodhoundは、ワールドクラスのソフトウェア開発協業ツールで、オープンソースで、ウェブベースのプロジェクト管理およびバグトラッキングシステムであるTracをベースとする、イシュートラッキング、Wiki、レポジトリ参照などを含んでいる。」

Apache Bloodhound

‘While Trac is already widely used in production by many organizations, Bloodhound resolves requests that have remained unaddressed, including the support for hosting multiple projects, full-text search and an intuitive user interface. In addition, Bloodhound’s tightly-integrated source code browser works with Apache Subversion and Git, provides Wiki functionality, and is compatible with hundreds of free plugins for Trac, allowing users to customize their experience even further.’

「Tracは既に多くの企業で幅広く本番利用されているが、Bloodhoundは、複数プロジェクトのホスト、フルテキスト検索、使いやすいユーザインタフェースなど、これまで対応されていなかった要求に応えている。されあに、Bloodhoundの密接に統合されたソースコードブラウザは、Apache Subversion、Gitとの動作、Wiki機能の提供、Tracの数百にのぼる無料のプラグインとの互換性があり、ユーザがさらに使い勝手をカスタマイズすることができる。」

‘Bloodhound is especially relevant to organizations that need to avoid storing data in proprietary systems, which puts their information at risk of vendor lock-in. Its user-friendly, responsive interface caters for screen sizes –from mobile phones to desktop computers– further demonstrates its support for modern lifestyles.’

「Bloodhoundは特に、自らの情報をベンダーロックインの危険にさらすことになる、独自システムへのデータストアを避ける必要がある組織に向いている。ユーザフレンドリでレスポンシブなインタフェースは、モバイルフォンからデスクトップコンピュータまでのスクリーンサイズに対応し、現代のライフスタイルを支援していることを示している。」

‘Apache Bloodhound software is released under the Apache License v2.0, and is overseen by a self-selected team of active contributors to the project. A Project Management Committee (PMC) guides the Project’s day-to-day operations, including community development and product releases. Apache Bloodhound source code, documentation, mailing lists, and related resources are available athttp://bloodhound.apache.org/.

「Apache Bloodhoundソフトウェアは、Apache License v2.0の下にリリースされ、積極的にプロジェクトに貢献する自薦のチームにより監督される。プロジェクトマネージメントコミッティーは、コミュニティ開発や製品リリースなど、プロジェクトの日々のオペレーションをガイドしていく。Apache Bloodhoundソースコード、ドキュメント、メイリングリスト、関連リソースはここから入手可能。」