インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

EAプログラムが失敗する8つの理由(下)

エンタープライズアーキテクチャ(EA)は効率良い組織運営を図るための方法論として、かなり以前から話題になっている。ビジネス上の目標を達成することが目的だが、どうもうまくいっていないようだ。何故うまくいかないのか。InformationWeek8個の理由をあげている。今回は昨日の続き。

5. Maintaining The EA Artifact Factory(EA人工物工場を維持する)

‘Some EA teams keep busy documenting as-is states. They have an incredible array of diagrams at their disposal to represent the various aspects of everything. The world of diagrams is addictive, and perfect is the enemy of good when it comes to diagrams.’

「EAチームによっては、ドキュメントを最新にするのに忙しいところもある。あらゆる側面を表す素晴らしい図群が溜まっている。図の世界は習慣性があり、図に関しては最善はまずまずのレベルも達成できない。」

‘Instead, these teams should focus on producing frequent, meaningful and measureable business outcomes.’

「その代わり、チームは頻繁に、意味があり、数値化可能なビジネス成果を出すことに集中すべきだ。」

‘It isn’t easy to come up with good KPIs to measure enterprise architecture. This GAO report clearly shows the challenges of defining good EA metrics in the government sector.’

「EAを測る良いKPIを思いつくのは簡単ではない。GAOレポートでも、官公庁における良いEA指標を定義する課題が表れている。」

6. Clinging To A Particular Framework Or Tool(特定のフレームワークやツールに偏る)

‘There are more than 80 EA frameworks, and you’ll find no silver bullets among them. The best approach is to read all of the major frameworks, discard most of what you have learned, and blend the remaining 10% in a way that fits your organization’s culture, maturity and business goals. ‘

「80以上のEAフレームワークがあり、その中で、特効薬はない。最良の手法は、主要なフレームワークうを全て読み、学んだことを捨て去り、残り10%を自分の組織の文化や成熟度、ビジネス目標に合致するように、ブレンドすることだ。」

‘When it comes to tools, go fancy if you have the money. But most of the time fancy isn’t necessary. Visio, Excel, Word, FreeMind, Prezi and a collaboration team site works well. Limit the time spent on selecting tools and frameworks and instead focus on using them.’

「ツールに関しては、金があるのなら、ファンシーなものでもよい。だが、ほとんどの場合、ファンシーさは必要ない。Visio、Excel、Word、FreeMind、Prezi、コラボレーションチーム・サイトで十分。ツールやフレームワークを選ぶ時間を限定し、その代わり、使う方に集中すべき。」

7. Thinking Enterprise Architecture Equals Technology Architecture(EAを技術アーキテクチャと同じだと考える)

‘Most EA programs are initiated by IT and never progress beyond the technology domain. Although technology standards, technology roadmaps and solid engineering practices will produce simpler, cheaper, portable, reusable and more supportable solutions, they don’t align your IT investments with business goals and won’t power your business with technology innovation.’

「多くのEAプログラムは、ITによりスタートしたもので、技術ドメインを超えて進化していいない。技術標準、技術ロードマップ、エンジニア・プラクティスは、より単純で、より安価で、ポータブルかつ再利用可能、よりサポートしやすいソリューションを生み出すが、IT投資をビジネスゴールに合致させることができず、技術革新でビジネスをパワーアップすることはない。」

8. Taking The “Enterprise” Word Literally(『エンタープライズ』の世界を文字通り捉える)

‘”Enterprise” does notnecessarily mean the entire enterprise. It means stepping back and taking a look at the higher-level context before making a decision. Moving architecture to the real enterprise level requires a mature and committed organization. If you try to push the enterprise aspect too far too early, you’ll crash and burn.’

「『エンタープライズ』は、企業全体を必ずしも意味しない。決断する前に、一歩下がって、高いレベルから見てみること。アーキテクチャを真のエンタープライズレベルに押し上げるには、成熟し、コミットされた組織が必要。エンタープライズの側面の押し上げをやりすぎる、あるいは早すぎると、破壊し燃え尽きる。」