インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

EAプログラムが失敗する8つの理由(上)

エンタープライズアーキテクチャ(EA)は効率良い組織運営を図るための方法論として、かなり以前から話題になっている。ビジネス上の目標を達成することが目的だが、どうもうまくいっていないようだ。何故うまくいかないのか。InformationWeek8個の理由をあげている。

1. Lack Of Sponsorship(オーナーシップの欠如)

‘Your architects need three tools to do a good job: access, leverage and goodies.’

「アーキテクトはいい仕事をするためには3つのツールが必要。アクセス、活用、魅力的なものだ。

‘Access means the ability to interact with the appropriate stakeholders, often at the C-level.’

「アクセスとは、適切なステークホルダー、多くの場合、役員クラスの人と接触できる能力を意味する。」

‘Leverage includes the right place in the reporting chain, involvement in governance, ability to influence the technology budget, and authority to stop inappropriate technology implementations. Sometimes even the seemingly small change of a title from technical architect to chief enterprise architect can make a significant difference.’

「活用には、レポートライン内の正しい場所、ガバナンスへの関与、技術予算への影響力、不適切な技術実装にストップをかけることができる能力などが含まれる。場合によっては、技術アーキテクトからチーフエンタープライズ・アーキテクトへ肩書きをちょっと変えると、大きな差異が出てくる場合もある。」

‘Goodies include the ability to give out new technologies for testing, “lend” technology experts to struggling projects, and get access to exclusive information that can be traded for favors.’

「魅力的なものには、新しい技術のテスト、停滞しているプロジェクトへの技術専門家の「貸し出し」、機密情報へのアクセスなどが含まれる。」

‘Well-sponsored architects will be able to build trust by consistently delivering meaningful results. Lack of sponsorship will destine even the best architects to fail.’

「スポンサーがしっかりしているアーキテクトは、継続的に価値ある結果をだすことにより、信頼を築くことができる。スポンサーシップが無ければ、どんなに良いアーキテクトも失敗する運命になる。」

2. Hiring Or Promoting The Wrong Person(間違った人間を雇う、あるいは昇進させる)

‘The skills that earn someone the EA position don’t necessarily make the person a strong EA. Often the most technical people get promoted when they lack other important skills. These include interest in the business, the ability to translate technology into simple business outcomes, and the ability to listen, communicate, present and market infectious enthusiasm for new technologies.’

「EAのポジションを得た人間のスキルでは、必ずしも強力なEAになれるわけではない。多くの場合、昇進した技術者の多くは他の重要なスキルに欠けている。これには、ビジネスへの興味、技術をシンプルなビジネス成果に翻訳できる能力、新しい技術に対する熱き思いを聞き、コミュニケートし、プレゼンし、市場展開できる能力などが含まれる。」

3. Building An Ivory Tower(象牙の塔を構築する)

‘Some EA programs hire a bunch of brilliant architects who retreat for a long time and return with sophisticated frameworks. They then present them to key members of the leadership and the organization, most of whom will have no clue what the architects are talking about, so their complex reference architectures will be ignored.’

「EAプログラムによっては、長期にわたって後ろに下がった後、洗練されたフレームワークを持って戻ってくるような、聡明なアーキテクトを多数雇っているケースもある。彼らは、リーダーシップや組織のキーメンバーに対し、プレゼンするのだが、聞いているメンバーは、アーキテクトが何を言っているを理解する糸口すら持ち合わせず、そのため、複雑なレファレンスアーキテクチャは無視されてしまう。」

‘Ivory towers tend to increase the complexity and upset the stakeholders. The new CIO will gain immediate recognition among his business partners by firing the EA team, with the result that enterprise architecture becomes a “bad word” deeply embedded in the institutional memory. Roger Sessions wrote a great white paper on driving simplicity through connected enterprise architecture.’

「象牙の塔は複雑度が増し、ステークホルダーを怒らせる傾向がある。新任CIOは、EAチームを首にすることにより、ビジネスパートナーがすぐに認めてもらえるであろう。結果、エンタープライズアーキテクチャは『悪い言葉』として、企業内の記憶に深く刻まれるであろう。Rogger Sessions氏は、結合されたエンタープライズアーキテクチャにより単純化を進める事に関する素晴らしいホワイトペーパーを書いている。」

4. Policing And Insensitivity To Culture(方針とカルチャーへの無関心さ)

‘I have seen a project manager burst into tears in the crossfire of enterprise architects’ questions during a technical design review. I have been on a 2 a.m. call struggling to comply with unreasonable and obsolete technology standards just to get the chief architect’s signature and meet the budget deadline.’

「技術デザインレビュー中にエンタープライズアーキテクトの質問攻めにあったプロジェクトマネージャを見かけたことがある。午前2時の電話で、チーフアーキテクトのサインを得、予算のデッドラインの合わせるために、非合理で旧式の技術標準に準拠しようともがいていた。」

‘In that particular case, the turning of enterprise architecture into a policing function resulted in its failure. It takes a lot of effort to convince, and regularly re-convince, your business and IT partners of the value of enterprise architecture. A gentle approach makes the function more likely to succeed. The best architects I’ve known spoke softly and carried a really big carrot. They followed Exupery’s advice.’

「このケースでは、エンタープライズアーキテクチャを規制機能にした結果、失敗したものだ。エンタープライズアーキテクチャの価値をビジネスやITパートナーに納得させ、繰り返し再度納得させるのは大変な労力だ。やさしい手法ならこの機能が成功する可能性は高い。私が知っているベストなアーキテクトは、語り口がやさしく、実力行使もできた。サンテグジュペリのアドバイスには従ったのだ。」