インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Open-Xchange社、ブラウザベースのオフィス・スィートをリリース予定

Microsofit Officeを購入せずして、Microsoft Officeのファイルを編集したいというニーズは世の中にかなりあるようだ。小生もOpen Officeを使用しているが同じような人はかなりの割合存在するらしい。それがブラウザベースで実現されるとなれば格別だが、これまでブラウザベースだと、どうしても編集機能が限られるのが常であった。そこを打破したサービスを提供しようというのがOpen-Xchange社。OX Documentsというスィートらしい。Open-Xchange社は、ドイツのニュルンベルクを拠点としたコラボレーションソフトウェアを提供している会社。まずはワードプロセッシングのOX Textをリリースする予定。Microsoft Wordの.docx、OpenOffice.orgやLibreOfficeの.odtファイルに対応しているという。

InforWorldの記事より

‘OX Text doesn’t mess up the formatting of documents loaded into the application, said Rafael Laguna, CEO of Open-Xchange. XML-based documents can be read, edited and saved back to their original format at a level of quality and fidelity previously unavailable with browser-based text editors, according to the company.’

「OX Textは、アプリケーションに読み込んだドキュメントのフォーマットを崩したりしない、とOpen-XchangeのCEO、Rafael Laguna氏。XMLベースのドキュメントの読み込み、編集し、これまでのウェブベースのテキストエディタでは実現できていなかった品質と忠実性を持ったレベルを維持しオリジナルのフォーマットで保存することができる。」

Open-Xchange

‘OX Text allows multiple users to edit a document at the same time, but there are some things OX Text won’t be able to do that can be done in Word. “We don’t do headers or footnotes, no smart art and we don’t have a formula editor,” said Laguna. But functionality like header and footer support will be added later, he said.’

「OX Textでは、複数のユーザで同時にドキュメントを編集することができるが、WordでできることでOX Textで出来ないことがある。『ヘッダーやフッター、スマートアートができない、数式編集ができない』とLaguna氏。しかしながら、ヘッダーやフッターのサポートなどの機能は今後追加される予定、と同氏。」

‘OX Text is the first application of OX Documents and will be available under the GNU General Public License 2 and the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.5 license from early April. This means the software is free to use for individuals and for businesses, but companies that want support from Open-Xchange will have to pay for it, the company said.’

「OX Textは、OX Documentsの最初のアプリケーションで、GNU General Pubic License 2および、Creative Common Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.5のライセンスで4月初頭から利用可能になる予定。同社によれば、これはすなわち個人や企業ユーザには無料のソフトウェアであるが、Open-Xchangeからのサポートを希望する場合は有料とのこと。

‘Spreadsheet and presentation software as well as a second version of OX Documents are planned for later this year, Laguna said.’

「Laguna氏によると、スプレッドシートやプレゼンテーションソフトウェア、および、OX Documentsのバージョン2は本年末にリリース予定とのこと。」

‘The new cloud-based document suite will be available separately and as an extension of the OX App Suite, a Web-based personal desktop that provides tools for managing email documents, calendar and social network feeds, launched in February. Open-Xchange users are able to migrate to OX App Suite if they want.’

「新しいクラウドベースのドキュメント・スィートは別に利用可能になる予定で、2月にリリースされたEメールドキュメント、カレンダー、ソーシャルネットワーク・フィード管理するツールであるWebベースのパーソナルデスクトップOX Appスィートの拡張となる予定。Open-Xchangeユーザは、希望すれば、OX Appスィートに移行可能。」