インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

10gen社、オープンソースのドキュメントデータベースMongoDBの新バージョンMongoDB 2.4がリリース

オープンソースのドキュメントデータベースMongoDBを開発、提供している10gen社が、MongoDBの最新版MongoDB 2.4をリリースした。ハッシュベースのシャーディング、固定サイズのアレイ(Capped Arrays)、テキスト検索、地理空間機能の強化の他、多数の機能が追加されているという。またサブスクリプション・レベルとしてMongoDB Enterpriseが設定され、Kerberos認証、ロールベースの権限など、新しいモニタリング機能、セキュリティ機能も含まれるとのこと。

10gen

MongoDB 2.4の主機能は次の通り。

  • Hash-based Sharding – MongoDB provides horizontal scaling by transparently sharding data across multiple physical servers. MongoDB 2.4 now includes Hash-based Sharding, a new option that simplifies the creation of large-scale MongoDB systems. 
  • Capped Arrays – Applications frequently provide real-time visibility into top ranking attributes, such as leaderboards and most viewed, emailed or purchased items. Capped Arrays simplify development by allowing developers to easily maintain a sorted array of fixed length within documents.
  • Text Search (Beta) – Search is the primary interface for navigating data in many applications. MongoDB’s native, real-time Text Search simplifies development and deployment for MongoDB users with stemming and tokenization in 15 languages.*
  • Geospatial Enhancements – Mobile and social applications and government programs rely on location and sophisticated geospatial analysis. MongoDB 2.4 introduces GeoJSON support, a more accurate spherical model and polygon intersections.*
  • Faster Counts – Count operation performance has improved, including low cardinality index-based counts that are 20x faster than prior releases of MongoDB.
  • Aggregation Framework Improvements – Performance for real-time analysis of data using MongoDB’s Aggregation Framework is now 3 – 5x faster for most operations.
  • Working Set Analyzer – MongoDB is used in applications where real-time, low-latency performance is critical. The Working Set Analyzer helps users maximize their performance and their capacity planning based on analysis of resource utilization.
  • Improved Replication – MongoDB 2.4 intelligently determines when to initiate the election of a new primary replica during network hiccups. Replication is now significantly faster for initial synchronization, providing greater flexibility and lower risk for maintaining system availability.

 

  • ハッシュベースのシャーディング:MongoDBは、複数の物理サーバに跨ってデータを透過的にシャーディングすることにより、水平的なスケーリング機能を提供している。MongoDB 2.4ではハッシュベースのシャーディングに対応した。この新しいオプションは、大規模MongoDBシステムの構築を単純化するもの。
  • 固定サイズのアレイ(Capped Arrays):リーダーボードや、最も良く見られているもの、メールされたもの、購入されたものなど、属性のトップランクをリアルタイムで表示するアプリケーションをよく見かける。固定サイズのアレイ機能は、開発者がドキュメント内で、固定長のソートされたアレイを簡単に維持できるようにするもので、開発が単純化される。
  • テキスト検索(ベータ版):多くのアプリケーションにとってデータを調べる際、検索が主たるインタフェースである。MonogDBのネイティブで、リアルタイムのテキスト検索機能は、15種類の言語で語幹処理およびトークン化し、MongoDBユーザの開発と実装を単純化するもの。
  • 地理空間機能の強化:モバイルやソーシャルアプリケーション、政府系プログラムは位置と、洗練された地理空間分析に依存している。MongoDB 2.4では、GeoJSONをサポートし、より正確な空間モデルとポリゴンのインターセクションが可能。
  • カウントの高速化:低カーディナリティ(濃度)でのインデックスベースのカウントは、従来のMongoDBの20倍高速化されるなど、カウント操作の性能を改善。
  • アグリゲーション・フレームワークの改善:MongoDBのアグリゲーション・フレームワークを使ったリアルタイムのデータ分析の性能は、ほとんどの操作について3倍から5倍の高速化を実現。
  • ワーキングセット・アナライザ:MongoDBは、リアルタイムで低レイテンシの性能が必須であるアプリケーションに利用される。ワーキングセット・アナライザでは、ユーザがリソース使用状況の分析に基づき、性能とキャパシティプラニングを最大化することが可能。
  • レプリケーションの改善:MongoDB 2.4では、ネットワーク負荷が上下している際、どのタイミングで新しいプライマリのレプリカを始動させるかを、インテリジェントに決めることができるようになった。レプリケーションは、初期同期化が大幅に高速化され、システムの可用性を維持するための柔軟性とリスク低減が可能。