インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

コンテンツ開発にアジャイルを持ち込む際の3つのポイント

Co.CREATEのサイトによると、マーケティングとデジタルメディアの世界では、デジタルコンテンツがもちろん話題になっているが、アジャイルもバズワードになっており、レスポンシブ・デザイン(スマートフォンやタブレットなどあらゆるデバイスに対応するデザイン手法)、ビッグデータ、フィジタル(fidgital:TwitterやFacebookなどを見るために端末を頻繁にチェックすること。そわそわするの意を持つFidgetと、Digitalを合わせた、New York Timesの造語)と肩を並べるほどになっているとのこと。

そこで、コンテンツ開発にアジャイルを持ち込む際、依頼者側が注意すべき重要なポイント3つをCo.CREATEで上げている。ソフトウェア開発と同じなのか、違うのか、比較してみるのも面白いと思う。

Success

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

START FROM WITHIN(中から始める)

‘When brands come to agencies for agile content development, the main criteria is usually that the content must be high quality, compelling, low-cost, high frequency, and quick-turnaround. But often their internal structure and processes aren’t yet optimized to embrace this type of approach. In agile content development, timing and efficiency is everything. Without it, there is no liftoff.’

「ブランド企業がエージェンシーにアジャイルコンテンツ開発を求める際、主たる基準は通常、コンテンツが高品質、注目に値する、低価格、高頻度、短いターンアラウンドのはずだ。しかし、社内の構造やプロセスが最適化されておらず、このタイプの手法に取り組めないケースが少なくない。アジャイルコンテンツ開発では、タイミングと効率が全て。これらがなければ、打ち上げなしだ。」

‘Brands can optimize themselves for agile content development by making internal adjustments that improve communication, the first of which should be to empower a small team to manage the process. This team should have the authority to secure and approve budgets, as well as weigh in creatively and strategically on content as it goes to market. Creating a nimble group that has real ownership of the process will make things more efficient and reduce the chances of unnecessary stress being put on your brand marketing team as a whole.’

「ブランド企業が、アジャイルコンテンツ開発向けに最適化するには、コミュニケーションを改善するべく内部調整をすることだ。最初に取り組みべきことは、プロセスの管理を小さなチームに任せること。このチームは、予算の確保と承認、ならびに、コンテンツを市場に展開するにあたり創造的かつ戦略的に検討する権限を持ちこと。プロセスの真オーナーであり、動きの早いグループであれば、効率的に進めることができ、また、全体として、ブランドマーケティングチームに不要なストレスをかけずに済む。」

‘This exercise will also help your brand get into the right mind-set. Think of your brand marketing team as the police force, and your agile content group as the SWAT team.’

「この訓練により、ブランドに正しいマインドセットをもたらしてくれる。ブランドマーケティングチームは、警察で、アジャイルコンテンツグループはSWATチームだと思えばよい。」

— 社内の仕組みがアジャイルに耐えられるようにしておくことが必要なのは、ソフトウェア開発も同じだ。

CHOOSE THE RIGHT CONTENT PARTNER(正しいコンテンツパートナーを選ぶ)

‘Choosing the ideal content strategy and production partner is integral to the success of agile content development, and you may have to look a little harder than usual for the right fit.’

「理想的なコンテンツ戦略と、プロダクションパートナーを選ぶことは、アジャイルコンテンツ開発に不可欠であり、ぴったりのものを選ぶにはいつもより厳しい選別が必要だ。」

‘Agile content development is best executed by a partner that has strategy, production, and analytics under one roof, combining what agencies traditionally do best with what production companies traditionally do best. This eliminates the communication slowdowns of the old model, and makes the process more efficient, more cost-effective, and more cohesive for the consumer.’

「アジャイルコンテンツ開発は、従来エージェンシーが得意としていたことと、プロダクション会社が得意としていたことをあわせた、戦略、プロダクション、分析がひとつ屋根の下にあるパートナーが一番うまくやることができる。これにより、旧来モデルで発生したコミュニケーションのスローダウンを回避でき、プロセスをより効率的に、コスト効果が高く、より顧客に密着したもにすることができる。」

‘When strategy, creative, and production teams can sit side by side and collaborate fluidly, agile content is the by-product.’

「戦略、クリエイティブ、プロダクションのチームが隣どおしになり、流れるように協業すれば、アジャイルコンテンツは副産物になる。」

CREATE A LIVING CONTENT STRATEGY(生きたコンテンツ戦略を構築する)

‘Since a brand’s content strategy is often established at the very beginning of the process, the ongoing challenge is to make sure that strategy stays true to the objectives that it was built around while also being fluid enough to evolve as culture and consumer interactions and behaviors necessitate.’

「ブランド企業のコンテンツ戦略は通常プロセスのごく初期の頃に決められているため、目的に戦略が合致しているか、文化や顧客のやりとりや行動が必要になるにつれ、流動的であることが必要だ。」

‘The most important part of setting your brand’s agile content strategy is having a clear idea of why your brand is creating content to begin with.’

「アジャイルコンテンツ戦略を設定する際に最も重要なことは、何故コンテンツを作っているのかについて明確な考えを持っていることだ。」

‘Next, your responsibility is to make sure that the content you’re creating is meeting your brand’s overall objectives. Your selected content partner should be responsible for making sure the content you create is something that your target consumer actually wants to see.’

「次に、作成中のコンテンツを自社の全体目的に合致させる責任があるということだ。選択したコンテンツパートナーは、作成したコンテンツがターゲット顧客が見たいと思うものにすることに責任を持っている。」

‘Once your brand’s content strategy is set, it should be seen as a living framework that should evolve over time. Recognize that your brand and content both live in a dynamic world that changes constantly. Though the brand’s objectives and overall content strategy may not change, the actual content you create probably will. You should embrace this. Thanks to digital, you have the ability to monitor and understand your consumer, and deliver to them exactly what they want. Listen to what they’re saying, observe how they’re viewing your content, and make changes as needed while staying as close as you can to your overall strategy and objectives.’

「コンテンツ戦略が設定されれば、常に進化する生きたフレームワークだと見るべき。ブランドとコンテンツはともに、常に変化するダイナミックな世界に生きていることを認識すること。ブランドの目的や全体のコンテンツ戦略は変わらないかもしれないが、作成するコンテンツの現物は、恐らく変化するであろう。進化させなければならないのだ。デジタルのおかげで、顧客をモニター、理解し、求めるものを配することもできる。何を言っているのか、コンテンツをどのように見ているのかを観察し、全体戦略や目的から離れずに、必要に応じて変更するのだ。」

‘Ultimately, brands come in all shapes and sizes. And like digital, the word agile can mean different things depending on who you ask. The main takeaway and key to success for all brands in agile content development is that you have to be comfortable knowing that you can’t know everything that lies ahead.’

「究極的には、ブランドにはあらゆる形とサイズがある。デジタルのように、アジャイルという言葉は、聞く人によって違うことを意味する。あらゆるブランドにとって、アジャイルコンテンツ開発で成功するための鍵は、この先何が待っているかを全て知ることはできない、ということになれることだ。」