インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アジャイルソフトウェア開発管理のソリューションを提供するRally Software社、新規株式公開を申請

どの会社が上場しようとしているかは基本的に大して興味がないが、アジャイルソフトウェア開発管理のソリューションを提供しているRally Software社となれば、話は別だ。既に新規株式公開の申請を出したとのこと。

‘Rally Software, a provider of solutions for managing Agile software development, announced that it has filed a registration statement on Form S-1 with the U.S. Securities and Exchange Commission relating to the proposed initial public offering of its common stock. The number of shares to be offered and the price range for the proposed offering have not yet been determined.’

「アジャイルソフトウェア開発管理のソリューションを提供するRally Software社は、普通株式の新規公開に関し、米証券取引委員会に登録申請書Form S-1を提出したと発表した。株式数や株価については未定。」

Rally Software

‘Rally Software is a leading global provider of cloud-based solutions for managing Agile software development. The Rally Agile application lifecycle management (ALM) platform transforms the way organizations manage the software development lifecycle by closely aligning software development and strategic business objectives, facilitating collaboration, increasing transparency and automating manual processes. Companies use Rally to accelerate the pace of innovation, improve productivity and more effectively adapt to rapidly changing customer needs and competitive dynamics. Rally supports 154,000 paid users and more than 1,000 customers, including 36 of the Fortune 100 companies.’

「Rally Software社は、アジャイルソフトウェア開発管理のソリューションをクラウドベースでグローバルに提供している。Rallyアジャイルアプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)プラットフォームは、ソフトウェア開発と戦略的ビジネス目標との一体化、コラボレーションの助長、透明性の拡大、マニュアルプロセスの自動化により、ソフトウェア開発ライフサイクルの管理方法を変革するもの。イノベーション速度の向上、生産性の改善、急速に変化する顧客ニーズや競合状況に対するより効果的な対応を求めて、企業はRallyを利用している。Rally社は、15万4千人の有料ユーザと1000社以上の顧客を持ち、この中にはフォーチュン100企業の中の36社が含まれている。」