インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

AppZero社、CIOドットコムの注目すべきホットなクラウド・スタートアップ企業10社に選出さる

CIO.comでは、ホットなクラウド・スタートアップ企業10社を選ぶべく、広くその候補社を募ったところ、150社以上がリストアップされたという。それを25社に絞り、投票を呼びかけたところ、4500以上の投票があり、その投票、および製品の生存力、競争力、マネージメントチームの血統などをもとにトップ10が選ばれた。Jeff Vanceによるものだ。その中に、サーバアプリケーションをあらゆるクラウドやデータセンターに高速かつ柔軟にマイグレーションできるソリューションを提供するAppZeroが選ばれた。

sfgate.comの記事より。

‘According to Vance, AppZero made the list because, moving applications from traditional IT systems to the cloud isn’t easy. AppZero encapsulates an application and its dependencies in a “virtual application appliance,” without a virtual machine (VM). The result is an application that is flexible, “hypervisor-agnostic, cloud independent, and fast.”’

「Vance氏によると、アプリケーションを従来のITシステムからクラウドへ移行するのは簡単ではないため、AppZeroがリストにあがったという。AppZeroは、アプリケーションおよびアプリケーションが依存しているものなどを『バーチャル・アプリケーション・アプライアンス』の中にカプセル化するものだが、仮想マシン(VM)は不要。その結果、アプリケーションは柔軟で、『ハイパーバイザー不要、クラウドとは独立し、高速』なものになる。」

AppZero

Greg O’Connor, AppZero CEO added, “AppZero does something that sounds simple, but isn’t – We pick up applications that are in production and move them to another machine, and we do it 50 to 500 times faster than other approaches. The ability to move applications to newer versions of the OS (e.g. WS 2003 to WS 2008(R2) or WS 2012) is just one of our unique competitive advantages.”’

「AppZeroのCEO、Greg O’Connor氏は以下のように補足している。『AppZeroは何か単純に聞こえることをやっているが、実際は違う。本番のアプリケーションを選び、別のマシンに移行する。我々は、他の手法より50倍から500倍速く行こうしている。アプリケーションを新しいバージョンのOS(例えばWindows Server 2003からWindow Server 2008(R2)あるいはWindows Server 2012)に移行できることは、我々のユニークな競争優位性の1つだ。』」

‘AppZero is the fastest and most flexible way to migrate server applications to and across any cloud or datacenter, without re-engineering, re-installation or lock-in. Encapsulating Windows applications in VM/OS-free packages, AppZero’s patented software makes complex server applications moveable with ease.’

「AppZeroはサーバアプリケーションをあらゆるクラウドやデータセンターに移行するための高速で最も柔軟な方法。リエンジニアリング、再インストール、ロックインなどは不要。VM/OSフリーのパッケージ内にWindowsアプリケーションをカプセル化するこのAppZeroのソフトウェアは特許化されたもので、複雑なサーバアプリケーションを簡単に移行できるようにするものだ。」