インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Visure Solutions社、要求ライフサイクル管理ツールの最新版をリリース

マドリッドとサンフランシスコに本社を持ち、要求ライフサイクル管理ツールを提供しているVisure Solutions社が、同社のVisure Requirementsの最新版4.5をリリースした。インタフェースと処理のアーキテクチャを簡略化し、要求のキャプチャ、分析、管理がより簡単になったという。

‘To provide development flexibility, Visure Requirements 4.5 forms the process backbone, managing all requirements-related information in a way that mirrors how the information flows and interacts in product development. Any requirements-related information―whether requirements of different levels, test cases, use cases, etc.―can be configured, related and analyzed based on process needs. With all information stored in one location, the Visure Requirements 4.5 user experience is much improved, faster, and easier to use.’

「開発に柔軟性を持たせるため、Visure Requirements 4.5は、プロセスのバックボーンとなり、製品開発に情報がどのように流れ、どのように影響するかを反映する形で、要求に関連するあらゆる情報を管理できる。レベルが異なる要求、テストケース、ユースケースなど、プロセスの必要性に応じて、要求に関連するあらゆる情報を構成、関連付け、分析することができる。あらゆる情報が一箇所に集められるため、Visure Requirements 4.5の使い勝手が大きく向上し、より迅速かつ簡単になった。」

Visure Solutions

‘Visure Requirements 4.5 maximizes requirements management productivity by ensuring that the most used, most needed functionality is readily and easily available in a simplified interface that improves clarity and reduces the chance of human error. To extend this efficiency further, the new version also simplifies complex project structures through templates that development teams can use to set attribute values, block assignments and simplify tags.’

「Visure Requirements 4.5により、最もよく使われ、最も必要とされている機能がシンプルなインタフェースの中に用意されており、より明快になり、間違える可能性を少なくなり、要求管理の生産性を最大化することができる。効率性をより高めるため、新バージョンでは、属性値、ブロックでの割付、単純化タグを開発チームが設定できるテンプレートが用意されており、複雑なプロジェクト構造を単純化することができる。」

‘Companies seeking compliance, whether for automotive (ISO 26262, Automotive SPICE), medical (IEC 62304), avionics (DO-178B/C, DO-278A), rail (EN 50128) or industrial safety (IEC 61508), energy (IEC 60880), defense (DO-254), can use the templates to define requirements standards and reuse the template across teams and product lines. In this way, Visure Requirements helps standardize and enforce defined processes, formalizing a common requirements specification structure across an organization and its supply chain even when teams are geographically separated.’

「自動車(ISO 26262、Automotive SPICE)、医療(IEC 62304)、航空電子工学(DO-178B/C、DO-278A)、鉄道(EN 50128)、安全規格(IEC 61508)、エネルギー(IEC60880)、防衛(DO-254)のいずれであれ、コンプライアンスを求めている企業は、このテンプレートを使い、標準要求を定義し、チーム間あるいは製品ライン間でテンプレートを再利用することができる。これにより、Visure Requirementsは、仮に地理的に離れていようとも、企業およびサプライチェーン全体にわたる共通の要求仕様を形成し、定義されたプロセスを標準化し、強化することができる。」

‘Visure Requirements belongs to a new generation of Requirements Engineering tools where the emphasis is not only on requirements management, but also on requirements analysis, project organization, and descriptions of the system’s high-level functions. Visure Requirements streamlines the requirements management process across the complete development lifecycle, allowing more effective collaboration between teams at various stages of development. It supports requirements capture, analysis, specification, validation, verification, management and reuse.’

「Visure Requirementsは、要求管理だけに力点をおくのではなく、要求分析、プロジェクト組織、システムのハイレベルな機能の記述にも力点を置く、新世代の要求工学ツールに属する。Visure Requirementsは、開発ライフサイクル全般にわたる要求管理プロセスを単純化し、開発の様々な段階のおけるチーム間の効果的な協業を実現するもの。要求のキャプチャ、分析、仕様化、確認、検証、管理、再利用をサポートしている。」

‘Process agnostic, Visure Requirements facilitates any development process from waterfall to agile. It integrates process, quality enforcement and collaboration in a single platform while simultaneously tailoring views to each role, ensuring that project managers, quality assurance analysts, designers and developers are able to immediately access the information most relevant to their responsibilities. Thanks to the focus on the interrelationships of requirements, system components, code and tests, complete traceability can be obtained across the entire requirements lifecycle.’

「プロセスに依存せず、ウォーターフォールからアジャイルまで、Visure Requirementsは、あらゆる開発プロセスを支援する。プロセス、品質強化、協業を単一プラットフォームに統合し、同時に、各役割に応じた見せ方ができるため、プロジェクトマネージャ、品質保証アナリスト、デザイナー、開発者のそれぞれが、自身の責任範囲にもっとも関連する情報にただちにアクセスすることができる。要求、システムコンポーネント、コード、テストの相関性を重要視しているため、要求ライフサイクル全般にわたり完全なトレーサビリティを保つことができる。」