インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

SnapLogic社、Big Data as a Serviceを発表

またビッグデータの分野で新しいサービスが発表された。カリフォルニア州サンマテオに本社を構えるSnapLogic社が「サービスとしてビッグデータ」を始めた。

Hadoopやその他のビッグデータ・ターゲットとのデータ通信を最大限高速化したもの。さらにデータのロギングも行なうという。これによりデータサイエンティストの手を煩わせる必要がなくなるとのこと。

‘Enterprises globally are adopting SnapLogic as their standard for integrating enterprise business applications both on-premises and in the cloud. SnapLogic’s Big Data-as-a-Service solution offers business leaders the capability to easily integrate Hadoop data with many other data sources, including leading business intelligence solutions, for more effective decision-making.’

「世界中の企業が、オンプレミスかクラウドかに関わらず、企業のビジネスアプリケーションを統合するための標準としてSnapLogicを採用している。SnapLogicのBig Data as a Serviceソリューションは、ビジネスリーダに、Hadoopデータと、著名なビジネスインテリジェンス・ソリューションなど、その他多数のデータソースとの統合を容易にする機能を提供し、より効果的な意思決定を可能とする。」

SnapLogic

BDaaSは以下のものを提供する。

  • Comprehensive connectivity to Hadoop, now certified for leading big data analytics platform Cloudera.
  • Pre-built Snaps for HBase, Hive, and the Hadoop Distributed File System (HDFS), allowing any knowledge worker to easily input and output data to or from Hadoop so they can meet the requirements of a diverse set of applications leveraging the data, such as business intelligence tools like Birst.
  • Additional pre-built connectivity to over 150 different data sources that can easily be loaded into Hadoop, including on-prem apps, social media, mobile and machine data.

 

  • Hadoopに対する広範な接続性。著名なビッグデータ・アナリティクス・プラットフォームClouderaより認定。
  • HBase、Hive、Hadoop分散ファイルシステム(HDFS)向けのスナップ機能を組み込み済み。あらゆるナレッジワーカが簡単にHadoopからのデータを取り出し、Hadoopへのデータを取り込みを行なえるため、Birstなどののビジネスインテリジェンス・ツールなどデータを活用した幅広いアプリケーションの要求に応えることができる。
  • その他150以上の異なるデータソースに対する接続機能をビルトイン。オンプレミスアプリ、ソーシャルメディア、モバイル、マシンデータなどをHadoopに簡単にロードできる。