インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

市場を形作るビッグデータの5つのトレンドとは?

2012年は「ビッグデータ」という言葉を良く耳にしたが、今年に入ってますます賑わしている感がある。ビッグデータにとって今年が勝負の年かもしれない。その分野に参戦しているTeradata社によると、今年ビッグデータの市場では、5つのトレンドがあるという。SD Timesの記事より。

The Rise of the Big Data Discovery Platform(ビッグデータ・ディスカバリ・プラットフォームの台頭)

‘The Discovery Platform will become an indispensable part of big data strategy. The Discovery Platform provides knowledge workers—including business analysts and data scientists alike—with a reliable workbench from which to explore and perform experiments on big data, at scale, at a fraction of the time and cost required with traditional approaches. This capability has traditionally required up-front data sampling and modeling, as well as specialized skills. Discovery platforms allow companies to innovate on analytics by testing hypothesis and “failing fast” to uncover new insights in data. In addition, the discovery platform “lets the data speak;” this dialogue between the data and knowledge workers enables the business to identify new trends and insights that can lead to benefits like better consumer personalization or fraud detection.’

「ディスカバリ・プラットフォームは、ビッグデータ戦略において欠かせない一部となるであろう。ディスカバリプラットフォームは、ビジネスアナリストや、データサイエンティストなどのナレッジ・ワーカに、信頼ある作業台を提供するもので、従来の手法でかかっていた時間とコストのほんの一部で、スケーラブルに、ビッグデータを調査士、実験してみることができるもの。このような機能は従来、最初にデータサンプリングとモデリングが必要であったともに、特別の技術が必要であった。ディスカバリ・プラットフォームでは、あらゆる企業が、アナリティクスに革新を起こし、データから新しいことを発見できるよう、仮説のテストや『素早い失敗』が可能となる。さらに、ディスカバリ・プラットフォームは『データに話させる』もので、データとナレッジワーカ間の会話により、新しいトレンドや発見をすることができ、顧客に対するよりよりパーソナライゼーションや詐欺検知につながる。」

trend

Image courtesy of renjith krishnan at FreeDigitalPhotos.net

Explosive Big Data Application Growth(爆発的ビッグデータアプリケーションの拡大)

‘The number of big data applications will explode over the next three years; the growth will start in 2013. Development of these applications will present challenges to CIOs because the skills required to develop big data applications are different – and more sophisticated – than the skills required to develop traditional applications. In the future, big data will be consumed by knowledge workers and applications alike. This new generation of applications, including web and mobile, will be powered by big data insights in multiple industries. This will drive a huge competitive advantage enabling business to clearly see new opportunities to engage with their consumers.’

「ビッグデータアプリケーションの多くが今後3年間で爆発的に増加する。その拡大は2013年に始まる。これらのアプリケーションの開発は、CIOにとっての課題となる。なぜなら、ビッグデータアプリケーションを開発するために必要な技術は、従来のアプリケーション開発に必要な技術とは、異なっており、より高度だからだ。将来、ビッグデータは、ナレッジワーカやアプリケーションなどによって消費されることになるであろう。ウェブやモバイルを含む新世代のアプリケーションは、複数の業界のビッグデータから見出されたものによって成り立つものになるだろう。それは非常に大きな競合力につながり、顧客との接点でビッグチャンスが生まれることになる。」

From Fragmentation to a Unified Architecture(バラバラから、統一アーキテクチャへ)

‘The variety of new big data technologies and platforms from which to choose will be both a blessing and a curse. In 2013, some organizations will deploy the new big data platforms in an IT environment that lacks a unified architecture and does not integrate data, metadata, security, and administration. The use of big data analytic point solutions in a fragmented IT environment can kill the promise that big data can provide better insights by doing more analytics on all data. Such deployments will quickly lead to a torrent of failed big data projects.’

「新しいビッグデータの技術やプラットフォームが各種選べるようになることは、喜ばしいことであり、また悲しいことでもある。2013年には、企業によっては、統一されたアーキテクチャもなく、データやメタデータ、セキュリティ、管理などが統合されていないIT環境でビッグデータプラットフォームを実装しようとするだろう。バラバラのIT環境下で、ピンポイントのビッグデータアナリティクス・ソリューションを使用しても、あらゆるデータをアナリティクスの対象にして、よりよい気づきを得ようというビッグデータの良さをダメにしてしまいかねない。そのような実装は、失敗したビッグデータプロジェクトの山を築くばかりだ。」

Blending of Capabilities(機能のブレンド)

‘To be competitive, organizations need the capability of both big data analytics (MapReduce and procedural analytics at scale) and traditional analytics (SQL) that run within a relational database management system. As a result, big data analytics will not come close to replacing traditional analytics in 2013. The debate about which one will replace the other is unproductive. CIOs and business users will begin to blend the capabilities of the two to meet the intelligence needs of the business. Tools and technologies that provide a native blending of classic and new data analytics techniques will have an inherent advantage as the market realizes their value in 2013.’

「競争力を保つには、企業は、ビッグデータアナリティクスの機能(大規模なMapReduceや手続き型アナリティクス)とリレーショナルデータベース管理システムで動作する従来型のアナリティクス(SQL)の両方が必要だ。その結果、ビッグデータアナリティクスが2013年に従来のアナリティクスを置き換えるようなことはないだろう。何かが他のものを置き換えるかどうかの議論は非生産的だ。CIOやビジネスユーザは、2つの機能をブレンドし、ビジネスに必要なインテリジェンスをえるようになる。クラシックと新のデータアナリティクスをネイティブにブレンドしたツールや技術は、2013年には市場がその価値を認め、優位に立つであろう。」

Storage is Not Enough(ストレージが不十分)

‘CIOs will move beyond focusing on hardware for storage of massive amounts of diverse big data to developing an analytic process that is repeatable and provides business value. Then, CIOs will be able to transition away from buying point solutions to deploying big data platforms. Advanced technology is now field-tested and available that can store and transform massive volumes of diverse data into usable intelligence for deployment across the organization. ’

「CIOは、大量のビッグデータのストレージ用のハードウェアよりも、繰り返し行なえ、ビジネス上の価値を持つアナリティクスのプロセス開発に力点を置くだろう。そうすれば、CIOは、ピンポイントのソリューションではなく、ビッグデータプラットフォームの実装に移行できる。大量かつバラエティに富むデータを保存し、企業全体にわたって役に立つ形に変える先進の技術が実証され、利用可能になっている。」