インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ディザスタリカバリ構築に欠かせないものとは?

InformationWeekの2011年の調査では、アプリケーションの復元プロセスを最低年1回以上テストしているのは38%にすぎず、仮想サーバのバックアップを毎週行なっているのも、半数に過ぎないとなっていたとのこと。その後状況ややや改善されるているようだ。

InformationWeekの記事より。

‘Since then, things have improved, particularly the technology. This shift has come about because the applications that IT fields are increasingly central to business operations, and downtime means serious money lost. That translates into budget for business continuity and disaster recovery programs. Eighty percent of respondents to our new InformationWeek 2013 State of Storage Survey have strategies in place, and half of them test regularly.’

「その後、特に技術に関し、状況は改善された。この変更は、IT分野のアプリケーションがますますビジネスオペレーションの中心を担うようになってくるとともに、ダウンタイムが深刻な利益損失を意味するようになってきたことによる。すなわち、ビジネス継続性や、ディザスタリカバリ・プログラムに予算がつくようになったということだ。新しいInformationWeekの2013年度ストレージ状況の調査によれば、80%が戦略を持ち、半数が定期的にテストをしているという。」

Disaster

Image courtesy of Witthaya Phonsawat at FreeDigitalPhotos.net

‘The next step is to automate the process of failing over to a warm backup site — one where hardware is up and running and data is regularly replicated from the production site. Removing people from the equation streamlines the process and lessens the possibility of error and costly delay.’

「次のステップは、ウォームバックアップサイトへのフェイルオーバのプロセスを自動化することだ。すなわち、ハードウェアが起動しており、データは定期的に本番サイトから複製されるというもの。この方程式の中から人間を排除することは、プロセスの単純化と、えらーの可能性や、高いコストにつく遅延を排除することができる。」

‘We realize that many IT pros who priced an automation project just a few years ago came away with sticker shock. Between replication software, running systems in warm sites and bandwidth costs, bringing recovery times down from days to minutes costs more than most companies could justify. Implementing an automated recovery plan still isn’t inexpensive, but prices have come down enough that, with some new technologies and careful engineering, we can often bring recovery times down to minutes for a reasonable price; we discuss some of these in our report on BC/DR and the cloud.’

「数年前自動化プロジェクトを試算した多くのITのプロが金額を見て離れていってしまったと認識している。リプリケーションソフトウェア、ウォームサイトでのシステムの稼動、バンド幅のコスト、リカバリ時間を数日から数分に短縮するためのコストは、多くの企業にとって、正当性を主張できるものではなかった。自動リカバリ計画の実装はまた高価ではないとは言えないが、価格は十分下がってきており、いくつかの新しい技術や、注意深くエンジニアリングすることで、リカバリ時間を数分に短縮できるようになってきた。これについては、BC/DRとクラウドのレポートで触れている。」

‘But while tech advances have handed IT pros a plethora of new tools to streamline failover to a warm site, complexities remain. Three areas in particular can derail automated disaster recovery: not having complete data sets in place for critical applications, a lack of bandwidth and incomplete integration.’

「しかし、技術進化により、ITのプロが、ウォームサイトへのフェイルオーバーを単純化するために新しいツールを多様しても、複雑さは依然として残る。特に3つの分野で、自動ディザスタリカバリが脱線してしまう恐れがある。重要なアプリケーションについて完全なデータセットが用意されていない、バンド幅の欠如、不完全なインテグレーションだ。」