インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

成功にはパイロットプロジェクトが効く

新製品を世にだす際、その責任者は大きな不安に駆られる。はたして十分に顧客が満足する製品に仕上がったのか、どれぐらい受け入れられるのかなどなど。間際になってから慌てふためかなくても良いように、製品出荷のずいぶん前からいろいろ調べるのだが、そんなに都合よく答えが見つかることはほとんどない。画期的な製品であればあるほど、世の中に知られていないため、既存のデータなど大して役に立たないのだ。そこで、パイロットプロジェクトが役に立つという。製品を正式出荷する前に、特定の限られたユーザに製品を提供し、そのフィードバックから答えを見出そうというもの。

1. 顧客の期待に製品が合致しているかどうかを確認する機会として

‘It is wise for a product owner to widen his focus and start looking beyond meeting customer requirements to meeting customer expectations. While requirements are largely measured against features and functionality, expectations should be measured against user experience and non-functional aspects of the product. It is a typical output vs. outcome debate ending without any conclusion in conference rooms and mostly answered by product adoption rate. A Pilot project is a good tool to predict product adoption (by its target user group).’

「製品オーナーがフォーカスを広げ、顧客の要求のみならず、顧客の期待に応えようとするのは懸命だ。要求は主として、機能で測ることができるが、期待は、使用感や製品の非機能面で測る必要がある。これは典型的なやったことと、成し遂げたこととの議論になるもので、会議室では結論に至らず、製品の普及率で測られる。パイロットプロジェクトは製品の普及率(ターゲットとするユーザグループに対して)を予測するのに適したツールだ。」

ID-10092857

Image courtesy of num_skyman at FreeDigitalPhotos.net

2. 失敗しても最小コスト

‘Product recalls not only cost money but will also tarnish the brand image. Pilot projects are insurance against such failures, where a little extra cost in the development phase secures your product from serious failure. They also help in gauging whether a customer will get into a commercial deal or not. There cannot be any better economical way to predict product acceptance and adoption.’

「製品のリコールは、高くつくだけでなく、ブランドイメージも傷つける。パイロットプロジェクトはそのような失敗に対する保険みたいなもので、開発フェーズにおけるほんのちょっとの追加コストで、製品が深刻な失敗に陥るのを防ぐことができる。また、顧客が実際に購入するかどうかを推し量ることにも役立つ。製品の受け入れ具合や普及率を予測するこれほど経済的な手段はない。」

3. 顧客と期待値を合わせる

‘Pilot projects ensure that the customer is not taken by surprise when they see your product on the day of launch. Pilot projects are opportunity for potential buyers to get a feel for the product, provide feedback and get their expectations aligned with your implementation.’

「パイロットプロジェクトは、製品発売日に顧客が製品を見た時に驚かないようにすることができる。パイロットプロジェクトは潜在的購入者に対して製品を感じてもらえる機会であり、フィードバックを得、顧客の期待と実装とをすり合わせることができる。」

4. 生産リスクを最小化

‘Things that could not be imagined in labs or are overlooked or undermined during the development and testing phase could be a potential road blocker in production environment. It could be due to heterogeneous real life situations, some habits of users or the ecosystem under which product is used. Whatever it may be, pilot projects helps in detecting and in mitigating such risks.’

「研究所で想像できないことや、開発やテストフェーズで見過ごされたことが、本番では潜在的な障害になりうる。製品が使われる多様な実生活状態、ユーザの癖、エコシステムによるものだ。何であれ、パイロットプロジェクトはそのようなリスクを発見し、最小化するのに役立つ。」