インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

XtremeData dbXがAWSのMarketplaceで利用可能に

イリノイ州シャインバーグを本社とし、インドのバンガロールにR&Dセンターを構えるXtremeData社は、同社の超並列データベースシステムXtremeData dbXがAWS Marketplaceで利用可能になったと発表した。

‘A massively scalable SQL database engine, XtremeData dbX offers Amazon Web Services (AWS) customers a new level of agility by allowing them to create big databases that can be up in minutes or hours and brought down even more quickly.  XtremeData also announced today, the immediate availability of its new self-service provisioning tool that enables AWS users to create a virtual data warehouse of any size, from hundreds of gigabytes to terabytes, in minutes and discard it at any time.’

「超並列SQLデータベースエンジンであるXtremeData dbXにより、Amazon Web Servicesの顧客は巨大なデータベースの構築を数分や数時間で行なえ、さらに、より迅速に行なえるようになる。XtremeData社はまた、新しいセルフサービスのプロビジョニングツールをリリースし、AWSユーザは、数分のうちに、数百ギガバイトからテラバイトまでのあらゆるサイズの仮想データウェアハウスを作ることができ、また、いつでも破棄することができる。」

XtremeData

‘As a row-oriented ACID compliant MPP DBMS engine, XtremeData offers an unmatched price-performance profile. This enables cloud users to quickly and easily create data warehouse-scale database that can support heavy duty workloads comprising hundreds of tables, mixed read-write workloads, complex ETL, and ad hoc analytics without having to wait for equipment to be procured, installed or tested.’

「行ベースでACID準拠の超並列DBMSエンジンとして、XtremeDataは、非常に優れたコストパフォーマンスを提供する。これにより、クラウドユーザは、迅速かつ簡単にデータウェアハウス級のサイズのデータベースを構築でき、数百のテーブル、読み書き混在の負荷、複雑な抽出、加工、ローディング、アドホックの分析などの高負荷を、機器の調達、インストール、テストを待つことなく、対応することができる。」