インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Dellの今後についてCIOが考えておくべき3つの分野

Dellが非上場化を目指すことを発表したが、その金額の大きさ、さらにはマイクロソフトが資金提供するという話とあいまって、様々な憶測を呼んでいるのはご承知の通り。Dellが今後どのようになっていくかは現時点では分からないが、今後に備える意味で、CIOとして理解しておくべきことは何か。これまで、また、現在でもパソコンとその関連商品が売り上げの大半を占めているDellは、ITアウトソーシング会社へと変貌を遂げようとし、企業買収などを積極的に(ある意味過度に)進めてきた。それがどう変わっていくのであろうか。InformatioWeekの記事を参考にする。

この記事によると、3点あるとのこと。

— The benefits and risks of going private. On the positive side, now that every dollar invested doesn’t need to move the near-term earnings needle, Dell will be able to make longer-term investments to grow and enhance its services business without sweating market scrutiny and quarterly earnings pressures. The company can also focus management attention and resources on unifying its string of acquisitions into an integrated software, hardware, and services platform. As Dell’s CFO Brian Gladden recently commented, “Without having the scrutiny that is associated with a publicly traded stock, we can make the necessary investment and stick to plan, [and] in some cases be more aggressive than we can today.”

非上場化することに利点とリスク。利点としては、投資したすべての金額を短期利益に振り向ける必要がなくなり、Dellは、市場からの目を気にしたり、4半期ごとの利益に対するプレッシャーを受けることなく、サービスビジネスを成長させ、強化するべく、より長期の投資に集中できる。また、買収した会社を統一し、ソフトウェア、ハードウェア、サービスのプラットフォームを統合するために、マネージメントし、リソースを集中することができる。DellのCFO、Brain Gladden氏が出している最近のコメントの通り、『一般に取引されている株のように大衆の視線にさらされることなく、必要な投資をし、計画に固執し、時にはこれまでよりも、より積極的になることができる。』

bet

Image courtesy of Grant Cochrane at FreeDigitalPhotos.net

Conversely, the limited buyout will put serious pressure on the company’s balance sheet. That could inhibit its ability to invest to expand and improve its ITO capabilities — with some $17 billion of new debt, Dell will be obliged to satisfy its creditors first and ITO customers second. Such uncertainly is anathema to companies outsourcing their IT infrastructures. When the foundation of the business is on the line, CIOs want stable providers that present little risk of unexpected pivots that might force them to scramble for alternatives. Yet Dell’s new set of financial pressures could result in spin-outs of business lines deemed to be “non-core” to the future, though it is difficult to tell at this point whether legacy hardware businesses or newer ITO businesses would be targeted for divesture.

一方、限定的バイアウトは、同社のバランスシートに深刻なプレッシャーを与えることになる。それにより、ITアウトソース機能の拡張と改善に投資できなくなることも考えられる。新しい170億ドルの負債により、Dellは、債権者を第一に満足させなければならず、ITOの顧客は2番目だ。そのような不安定性は、ITインフラをアウトソースしている企業にとってはおぞましいことだ。ビジネスの基礎が危ういならば、CIOは、リスクを最小限にとどめられる安定したプロバイダーを望み、スクランブル的に別のところにしなければならなくなるような予期せぬ事態を避けたいものだ。しかし、Dellの財務に関する新しいプレッシャーは、将来「非コア」と考えるビジネスラインをスピンアウトすることになるかもしれないが、現時点では、レガシーなハードウェアビジネスと、より新しいITOビジネスのどちらが槍玉にあがるのかはわからない。

— The Microsoft investment and its potential impact on future service offerings. Yes, Microsoft’s $2 billion did not buy it board seats or voting rights. But that level of investment is generally not without some strings attached. While Microsoft can bring innovation, improved software and cloud capabilities and resources and knowledge to optimize Dell’s services offerings — especially those that leverage Microsoft products — Dell may find itself under pressure to index more heavily to Microsoft offerings. And that may hinder Dell being perceived as technology-agnostic provider, a la Accenture, and frustrate efforts to gain traction in the ITO space.

マイクロソフトからの投資と、今後のサービス内容への影響。マイクロソフトからの20億ドルは、取締役の席や投票権を買うものではない。しかしこのレベルの投資には、通常何らかのひも付きだ。マイクロソフトはDellのサービス内容を最適化するための、イノベーションや、ソフトウェアの改善、クラウド機能、リソースやナレッジをもたらすことが可能であり、マイクロソフト製品を活用している部分については特にそうだが、Dellは、マイクロソフト関連をより強力に推すプレッシャーを感じるかもしれない。それにより、Dellは、アクセンチュア流の、技術不可知論者として見られるようにはならず、ITO分野での地位確立はうまくいかないかもしれない。

— Michael Dell himself. He is certainly putting his proverbial money where his mouth is by contributing his entire 17% ownership interest as part of the privatization bid, along with some $700 million from one of his investment companies. Dell’s vision and energy drove his namesake company from a $1,000 startup operating out of a dorm room to one of the largest PC suppliers in the world, and having a substantial part of his personal fortune on the line makes it likely that energy will be out in full force. However, there’s also a real possibility that Dell’s actions are motivated more by considerations of his legacy or a determination to double down on the OEM business than by a burning desire to build a legitimate Tier 1 enterprise-class ITO provider.

マイケル・デル氏自身。非上場化のために自身の17%の所有分全てを出し、自身の投資会社から7億ドルを出すことにより、実行に移している。Dell氏のビジョンやエネルギーは、同盟の会社を寮の一部屋で1000ドルで始めた会社を世界で最も大きいPCサプライヤーに1つに押し上げ、個人資産の大半が危ういとなれば、そのエネルギーを最大に発揮するのかもしれない。しかし、Dell氏の行動は、正統な一級にエンタープライズクラスのITOプロバイダーになるたいということよりも、OEMビジネスで儲けるという元々考えていたこと、あるいは決断したことによるものがモチベーションになっているのかもしれない。