インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

問題解決とイノベーションのためのもう1つの道「Plan B」って何だ?!

プランBといえば、普通、次善の策や代替プランのことを指す。それが問題解決とイノベーションのためのもう1つの道であるとする投稿があった。いったい「Plan B」と何であろう?

‘Last year I was part of a fun group of 8 that participated in “Plan B The Journey” as hosted by Daphne Depassé. “Plan B is just what it says. It’s another path. For problem solving and innovation.” And from October until December I experienced it’s simple and awesome power during this extensive course.’

「昨年、Daphne Depassé女史が開催した『Plan Bの旅』に参加した8人の楽しいグループにいた。Plan Bとはまさにそのまま。もう1つの道だ。問題解決やイノベーションのための。10月から12月まで、広範なコースの中で単純かつ素晴らしいということを経験した。」

— Plan Bの概要図として貼り付けられている画像も良く分からない。

Cited from http://www.shrinkonia.com

— Daphne Depassé女史が語る「Plan B」が生まれた背景を引用しよう。

‘Plan B was born out of curiosity, wonder and frustration. I (Daphne Depassé) am working on information and knowledge issues and projects for over 18 years now; as manager, consultant or coach, largely concerned with research and developing new solutions and systems. In 2007 I started my own business helping organizations with information, knowledge and innovation issues – often ICT related. All these years, I saw lots of businesses struggling with issues: failed projects (more time or money than planned or disappointing results), lack of innovation, and difficulties dealing with fast changes in the world. Thereby – to my opinion – often, the roads towards solutions were not the happiest: miscommunication, frustration and difficulties getting people in motion.’

「プランBは、好奇心、戸惑い、不満から生まれたもの。私(Daphne Depassé)は、18年以上情報とナレッジ問題やプロジェクトに関わってきた。マネージャとして、コンサルタントとして、あるいはコーチとして、主として、新しいソリューションやシステムの研究や開発に関連したものだ。2007年に、多くの場合ICTに関連する、企業の情報、ナレッジ、イノベーションの問題の解決を支援するために自身の会社を立ち上げた。その間、ビジネス上の多くの問題を見てきた。失敗プロジェクト(納期遅れ、予算オーバー、不満足な出来)、イノベーションの欠如、世の中の急速な変化に対応できないことなどだ。その結果、私見では、通常ソリューションへの道が満足いくものではなかったのだ。ミスコミュニケーション、フラストレーション、人々を動かすことに困難さがあったなど。」

‘I always had a deep-down feeling that there must be a better way. In ICT, things like Agile, Scrum en Lean were emerging, but in practice it seems that these methods were used in a similar way as we were used to. No breakthroughs or fundamental changes in the way we think and work.  During the years I worked on assignments,  I was always questioning, wondering and researching. In 2008 I interviewed several organizations and wrote a book about their stories of dealing with knowledge management (Dutch: 15 praktijkverhalen over kennismanagement). When I look back, I think this was the trigger to get into action: try to find a better way.’

「私はいつも心の中でもっといい方法があるはずだと思っていた。ICTでは、アジャイル、スクラム、リーンなどが出現してきているが、実際問題、これらの手法は、これまでと同じ方法で使われていたように思える。考え方ややり方にブレークスルーや根本的な変化がない。与えられたことをこなす年月の中、疑問に思い、不思議に思い、研究してきた。2008年に、様々な企業をインタビューし、ナレッジマネージメントに関する話を本にした(オランダ:ナレッジに関する15のケーススタディ)。思い返せば、これが行動のトリガーになったのだと思う。もっといい方法を見つけようと。」

‘In 2009 I started my second study: EMIM at the University of Amsterdam. There I came in contact with design thinking, and found a solid base where I could build on. And so I did. Turning design thinking into ‘design doing’ for business. Not an easy job*. I wrote books full of notes, read lots and lots of books and articles. Watched videos, spoke to hundreds of people and immersed into their world. I learned, discovered and designed. In 2010 I received an Innovation Voucher from the Dutch Ministry of Economic Affairs. Loved it! Finally, after more than three years of science research AND testing in practise, Plan B was born. ’

「2009年、2つの目の研究を開始した。アムステル大学の情報管理の上級マスター(EMIM)だ。ここでデザイン思考に接し、よって立つ確かなベースを見つけた。そこで実際にやってみた。デザイン思考を、ビジネスのための何か設計するということだ。簡単なことではなかった。注釈がいっぱいの本を書き、沢山の本や文献を四だ。ビデオを見、何百人と話をし、その世界に没頭した。そこで学び、発見し、設計した。素晴らしかった。ついに、3年以上の科学研究と実際のテストを経て、プランBは誕生した。」

— プランBには、6(+1)の役割分担と、6(+1)のフェーズがあり、これが先に進めるためのガイドになるという。概要図はそのことを表している。

— 面白そうだが、もう少し詳しく見ないと良く分からない。続きは別の機会に。

Plan Bのオフィシャルサイトは、http://www.actplanb.com