インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Objectivity社、オブジェクトDBの最新版Objectivity/DB 11.0をリリース

カリフォルニア州サニーベールを拠点として1988年に設立されたObjectivity社は、エンタープライズ向けにビッグデータに対応するNoSQLソリューションを提供している。同社の顧客には、米国防省、エリクソン、シーメンスなどが含まれるという。今回同社は、オブジェクトDBの最新版Objectivity/DB 11.0をリリースした。

‘”Objectivity/DB 11.0 is focused on overall development and deployment improvements that increase efficiency so customers can focus on developing applications,” said Leon Guzenda, Founder of Objectivity. “With enhanced flexibility and a powerful engine to increase querying power, 11.0 eases the pain of database management and puts the focus on discovery.”’

「『Objectivity/DB 11.0では、顧客がアプリケーション開発に注力できるよう、開発や実装機能全体を向上させ、効率を高めることに注力した』とObjectivity社の創設者Leon Guzenda氏は語っている。『柔軟性を高め、クエリ処理能力を向上させる強力なエンジンにより、バージョン11.0では、データベース管理を容易にし、データから発見できるようにすることに腐心した』」

Objectivity

‘Objectivity/DB helps developers of enterprise, government and web-scale services to manage and query data in high-volume, high-complexity and high-throughput environments.

「Objectivity/DBにより、企業、政府系、あるいはウェブスケールサービスの開発者は、大容量で高度に複雑、かつ高いスループットを要求させる環境でデータを管理し、クエリ処理することができるようになる。」

— バージョン11の新機能は以下の通り。

  • Managed object-placement system – The only model-based technique for automatically placing new persistent objects in a federated database.
  • Enhanced Query Engine – Navigation query capability (Objectivity/C++) that supports navigation of persistent objects as a graph.
  • Enhanced query server – Extends the parallel query capability to support distributed graph navigation.
  • Extended Java interface – Predicate Query Language (PQL) expression trees (Objectivity for Java) Support for the predicate expression tree interface, which provides support for external search agents and query builders and parsers.
  • Installer Enhancement – Enhancements to the installation program with a full-featured GUI installer for all platforms.
  • File-storage locations – The addition of a new mechanism for specifying storage locations for database and container files.
  • Model-based indexes – A new mechanism for defining and creating indexes of persistent objects.
  • Tool runner – New command-line mechanism for running Release 11.0 Objectivity/DB administrative tools.

 

  • オブジェクト・プレースメントのマネージドシステム - 連合されたデータベースに新しい永続オブジェクトを配置するための唯一のモデルベースの技法
  • クエリエンジンの強化 - グラフとしての永続オブジェクトのナビゲートをサポートするナビゲーションクエリ機能(Objectivity/C++)
  • クエリサーバの強化 - 並列クエリ機能の拡張による分散グラフナビゲーションのサポート
  • Javaインタフェースの拡張 - 外部検索エージェントやクエリビルダー、パーサーに対応するための述語を記述する式ツリーインタフェースのサポート
  • インストーラ強化 - インストールプリグラムを強化し、全てのプラットフォームに対し、フル機能のGUIインストーラ化
  • ファイルストレージのロケーション - データベースやコンテナーファイル用のストレージのロケーションを指定できる新しいメカニズムの追加
  • モデルベースのインデックス - 永続オブジェクトのインデックスを定義、作成できる新しいメカニズム
  • ツール・ランナー - バージョン11.0のObjectivity/DB管理ツールを実行するための新しいコマンドライン・メカニズム