インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アジャイル開発者が確認すべき10のポイントとは?

アジャイル開発手法がかなり広がってきているものもの、まだまだ成熟の域には遠いのが実情のようだ。大きな理由の1つは、アジャイル開発は単なる手法ではなく、組織あるいは会社全体のあり方、ないしは、カルチャー自体が、アジャイル開発に合致したものになっているか、合致したものになる必要があるためだ。したがって、採用面接時に確認しておくべきポイントをInformationWeekがリストアップしている。採用面接時の確認ポイントではあるが、組織、会社にアジャイル開発を根付いているかどうかのバロメータとしても参考になると思う。

1. 働く場所はどこか、職場はどのような感じか

‘This is the number one question that needs to be answered, though it may not be a question you ask out loud. The physical work environment can be an indicator of the culture. You can still have an open work culture in a cubicle, but it does mean that the space is working against openness and, perhaps, that the company doesn’t value openness enough to build it into its work environment.’

「これは最初に答えを求めるべき問いだ。だが、大きな声で問うものではないかもしれない。物理的な職場環境はカルチャーの指標になりうる。個室でもオープンなワーク・カルチャーになりえるが、スペース自体はオープン性に反しており、恐らく、会社としては、働く環境としてオープン性にさほど価値を見出していないことを意味する。」

people

Image courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net

2. チームはどのように組織されているか

‘Next, I would ask about how people are organized. Will you work in a cross-functional team or are you going to be working in a silo? You’re really looking for a collaborative, open, team-based work culture. Siloed teams by definition cannot be agile.’

「次に、私ならどう組織されるかについて聞く。クロスファンクショナルなチームなのか、サイロのように組織ごとに閉鎖的なのか。協業的で、オープン、チームベースで働くカルチャーを求めているはず。定義からしてサイロ型のチームはアジャイルではない。」

3. どのようなツールや言語を使っているか

‘While agile isn’t associated with any particular language or toolset, these can give an indication of the culture. A tool doesn’t make or break a collaborative culture, but a tool designed for a top-down development process is not well-suited for an agile environment. According to our research, the most popular language platforms in shops that self-describe as agile are Java and .Net (this usually means C#).’

「アジャイルは特定の言語やツールセットと関連していないが、カルチャーの指標にはなりえる。ツールは協業的なカルチャーを阻害しないが、トップダウンの開発プロセス向けにデザインされたツールはアジャイル開発に向いていない。(我々の調査では、アジャイルだと自称する組織で最も利用されている言語プラットフォームはJavaか.Net(通常C#を意味する)だ。」

4. どれくらい顧客との接触があるか

‘Ongoing and iterative customer feedback, whether for internal or external customers, is essential in the agile process. How does this company or department engage with its customers or users? Does the company or department just go out and gather requirements? Or do they have collaborative sessions with the customer or user? That’s really what agile techniques are all about. If the prospective employer asks you how you would use a set of requirements to create a solution, you know they’re not doing agile!’

「社内であれ社外であれ、顧客からのフィードバックの継続的繰り返しはアジャイルプロセスで必須だ。企業や部門はいかに顧客やユーザと関わっているのか。企業や部門は単に出て行って要件を集めているのか。あるいは、顧客やユーザと協業セッションを持っているのか。これらはまさにアジャイルのテクニックそのものだ。将来の雇用者が要件のセットを使ってあなたならどのようにソリューションを使いますか、というような問いをしてきたなら、アジャイルをやっていないことがわかる。」

5. 面談の中で、一緒に働くことになる同僚と話をすることになっているか

‘If you are interviewing with a company that shields you from the people you will be working with — e.g., if you’re just talking to managers and HR people — it’s possible they haven’t discovered the value of building a team-centered work environment. If we knew someone would be working with three other people on a team, we’d have those three people interview the candidate. Sometimes we’d actually give them a problem to solve together, because we wanted to see how they interacted as a team.’

「例えば、マネージャや人事の人などとだけ話しており、一緒に働くであろう人たちから隔てられた形で面談している場合、チーム中心の働く環境に価値を見出していない可能性がある。チームの他の3人と働くことになっているのであれば、その3人に候補者と面談させるようにしていた。時には一緒に解決すべき問題を与えてみたりした。というのも、チームとしてどのようにやり取りするかを見てみたかったからだ。」

6. アジャイルの取り組みがどれくらい広がっているか

‘He was interviewing with a smaller group that successfully embraced agile practices, but the organization as a whole might not be interested in agile development at all. Such an environment could limit your career path within the organization. Conversely, joining an innovative agile team that’s making waves in the global IT environment could mean you’re well positioned as a pioneer who’s helping bring agile to the company as a whole. ’

「(さるアジャイル開発者の大手で古い企業の実例として)アジャイルをうまく取り込んでいる小グループと面談したが、組織全体としては、アジャイル開発に全く興味を持っていなかったかもしれない。そのような環境では、組織内でのキャリアパスが限られてしまう。逆に、グローバルなIT環境で波を作っているような革新的なアジャイルチームに参加するのであれば、会社全体としてアジャイルを根付かせるパイオニアとして位置づけられることを意味する。

7. アジャイル採用でどのような問題に直面したか

‘ask for a back story on the organization’s agile adoption. If they can give you a detailed account of their problems adopting agile processes, then they probably aren’t very far along. Teams that are far along are living and breathing the method, and it’s no longer a struggle.’

「組織がアジャイル採用した時の裏話を聞いてみよう。アジャイルプロセス採用時の問題を詳細に説明されれば、そんなに先には進んでいない。はるか先に進んでいるチームは、この手法に生き、呼吸しており、もはやもがいていない。」

8. アジャイル利用についてカンファレンスで発表したり書き物を公表したりしているか

‘When you’re researching a potential employer, try to determine whether any of their people speak at agile conferences, publish books or articles, produce an agile blog, moderate agile communities online, and so on. If there are agile thought leaders on staff, that’s a very strong indicator that their use of agile is mature.’

「見込み雇用者について調べる際、誰かアジャイルカンファレンスで話しているか、本、記事を発行しているか、アジャイルブログを書いているか、アジャイルコミュニティを主催しているかなどを確認してみること。アジャイルのリーダーがいれば、アジャイルの利用が成熟している強力な指標になる。」

9. アジャイルの資格を持ち、教育されているか

‘Training helps people understand the culture of agility versus the methodology of agility. There’s quite a leap between the two. You can learn the agile methodology in an afternoon by reading a book. But it’s the culture of agility that makes the difference between a team that wants to become agile and one that already is.’

「トレーニングは、アジャイルのカルチャーとアジャイルの手法を理解するのに役立つ。この2つには大きな違いがある。本を読めば半日でアジャイル手法を学べる。が、アジャイルなりたいチームと既にアジャイルになっているチームとの違いは、アジャイルのカルチャーだ。」

10. リリース後の障害や顧客満足についてどのような指標があるか

‘The absolute numbers don’t really matter here. What you’re looking for is whether they’ve established a culture of metrics and continuous improvement. People only measure what’s important to them. Any metrics that the potential employer can share indicates what they focus on, whether they have a quality mindset and whether they are customer-focused. Even if their metrics aren’t the greatest, the fact that they have the metrics is a great sign, because you, as an agile developer, would be coming on to help them improve those metrics no matter what they are.’

「ここでは絶対値は重要ではない。気にすべきは、指標を持つというカルチャーが確立されており、継続的な改善がされているかどうかだ。重要だと思うことしか計測しない。見込み雇用者が明かす指標は、何に注目しているか、品質のマインドを持っているか、顧客に力点をおいているかどうかがわかる。良い数値でなくとも、指標を持っているという事実が重要な印である。何故ならアジャイル開発者として、いかなる数値であろうとも、その指標の改善に一役買うことになるからだ。」