インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウドで最も過少評価されているのはキャパシティ管理だと?!

自前でハードウェアを調達する場合、キャパシティ計画を立て、将来の負荷や使用量の増加を見込み、それに見合ったハードウェアを選択する必要があるが、クラウドでは、必要な時に必要なだけのキャパシティを調達できることが大きな特徴の1つだと、クラウドプロバイダは説明してきたはずだし、事実そうであろう。やや軽く見られていいるのは、だからといって、キャパシティプラニングやキャパシティ管理が不要になるということではないということだ。

ComputerWeekly.comの記事より。

‘Capacity management is the most underestimated problem of cloud computing, says Morgan Stanley executive director for IT strategy Evangelos Kotsovinos.’

「モルガン・スタンレーのIT戦略担当エグゼクティブディレクター、Evangelos Kotsovinos氏によれば、クラウドコンピューティングで最も過少評価されている問題は、キャパシティ管理だという。」

‘Evangelos Kotsovinos is leading cloud computing strategy and execution at Morgan Stanley.’

「Evangelos Kotsovinos氏は、モルガン・スタンレーのクラウドコンピューティング戦略と実行をリードしている。」

planning

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

‘“One of the main reasons for using cloud computing services is to get efficiency and cost savings. And maximum IT efficiency on the cloud comes from good capacity planning and management,” Kotsovinos said at the Cloud Expo Europe 2013 event. But it is still the most overlooked and underestimated aspect of the cloud, he said.’

「クラウドコンピューティング・サービスを使う主たる理由の1つは、効率性とコスト節約だ。またクラウドのIT効率を最大限に高める肝は、キャパシティ計画と管理だ」とKotsovinos氏はクラウドエキスポ・ヨーロッパ2013のイベントで述べている。同氏によれば、にもかかわらず、まだクラウドで最も見逃しがちで、かつ過少評価されている側面だ。」

‘Many enterprises move to cloud computing without a detailed capacity management strategy because cloud platform is seen as infinitely elastic, where capacity can be purchased as and when needed. But buying resources on the cloud instantly can be expensive and enterprises can mitigate that cost by planning for capacity in advance and avoiding over- or under-provisioning, according to Kotsovinos.’

「多くの企業は詳細なキャパシティ管理戦略なしにクラウドコンピューティングに移行している。何故ならクラウドプラットフォームは無限の弾力性を持ち、キャパシティは必要な時に必要なだけ購入できる。しかし、即座にクラウドの理ソースを購入することは高価であり、企業は、前もってキャパシティ計画を立て、過剰のプロビジョンや過少のプロビジョンを避けることにより、コストを最少化できる、とKotsovinos氏。」

‘When IT executives migrate smaller and familiar applications and workloads on to the cloud, they are aware of the capacity and manage it based on their expertise and experience.’

「ITのエグゼクティブが小規模で良く分かっているアプリケーションや負荷をクラウドに移行する場合、キャパシティについて分かっており、専門知識や経験に基づいた管理ができる。」

‘“It is all OK when you are doing cloud on a small scale, but when you do it at a high level for applications that are disparate and mission-critical, it is important to think about storage requirements and think about demand and supply to provision correctly,” he said.’

「小規模でクラウドを使っている限りは問題ないが、全く異種でミッション・クリティカルなハイレベルのアプリケーションを対象とする場合には、ストレージ要件を考え、正しくプロビジョンするために需要と供給について考えることが重要だ、と同氏。」

‘According to Evangelos, cloud must be used to run intensive and critical applications and workloads, rather than just HR systems and emails, to realise its full benefits. “When this happens, IT executives need to think about capacity management. They must pay attention to potential resource requirements for workloads they are not familiar with or else they will experience inefficiencies,” Kotsovinos warned.’

「Evangelos氏によると、クラウドは、フルにその利点をえるためにには、単に人事管理システムやEメールなどではなく、集約的で重要なアプリケーションや負荷を稼動させるために使う必要があるとのこと。『そうなるには、ITエグゼクティブは、キャパシティ管理について考える必要がある。さほど良くなっていない負荷に対する潜在的なリソース要件に注意を払う必要があり、さもなければ、非効率に直面することになる、とKotsovinos氏は警告している。」

‘The problem is that there are too few tools to determine the amount of resources needed on the cloud or to benchmark cloud capacity, said William Fellows, research vice-president at 451 Research Group.’

「問題は、クラウドでの必要なリソース量決定や、クラウドキャパシティのベンチマークを行なうためのツールが全くないということだ、と451 Research Groupの副社長William Fellow氏。」

‘“In internal datacentres, you have always had tools to determine the capacity and plan accordingly but that’s not the case with cloud,” Fellows said. “It may be because it is not in the interest of cloud suppliers to tell customers to buy less or buy in advance.”’

「『社内のデータセンターでは、キャパシティを決定するためのツールが常にあり、それに従って計画できるが、クラウドではそうでなない』とFellow氏。『クラウド業者は顧客に少なめあるいは前もって買うことを薦める気がしないということが理由かもしれない。』」

‘According to the research analyst, only when third-party cloud management service providers develop tools will cost management and capacity management on the cloud become easier.’

「同氏によれば、サードパーティのクラウド管理サービス提供者がツールを開発しない限り、クラウドのコスト管理やキャパシティ管理は感嘆にならないとしている。」