インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Rightware社、幅広い用途に対応したUIデザインソフトウェアKanziをリリース

フィンランドのエスポーを拠点とし、モバイル、自動車、その他組み込み系のユーザインタフェイス技術を提供するRightware社が、Kanziの新バージョンをリリース。今バージョンではタッチスクリーンに対応している。

Kanzi is quickly becoming just as popular a choice with key customers and partners in the car industry as it is in the consumer electronics industry. Kanzi combines a powerful Kanzi Studio, a UI content creation tool running on PC, with a resource efficient cross platform graphics and user interface engine, Kanzi Engine, in one complete package. This is a complete solution for rapid creation and immediate deployment of advanced 2D and 3D graphical user interfaces for mobile, automotive, set-top-box, smart TV and other embedded devices.

‘Kanzi has played a key role in revolutionizing the in-dash infotainment system in the automotive industry, with design wins at Audi and other leading car manufacturers and Tier-1 suppliers as well as several smartphone and tablet manufacturers. The company is looking to expand aggressively into new and emerging markets including, entertainment, mobile tablet, smart TVs and other embedded verticals.’

「Kanziは、自動車産業における車内インフォテイメントに革命をもたらす重要な役割を果たしてきており、アウディやその他トップの自動車メーカや一次部品メーカ、ならびに様々なスマートフォンやタブレットメーカのデザインで成功している。同社は、エンターテイメント、モバイル、タブレット、スマートTV、その他の組み込み系などの新興市場へと積極的に展開する予定。

Rightware Kanzi

Kanziの主たる新機能は以下の通り。

  • All new 3D model import from industry standard FBX and Collada formats
  • Accurate and flexible presentation of text using 3D and 2D UI controls
  • Layout system extended for 2D UI layers including stack and grid controls
  • Proportional layouts to support UI deployment to diverse screen sizes
  • Hardware texture compression supporting now ATC, ETC and DXT
  • Precise rendering of transparency using pre-multiplied alpha

 

  • 業界標準のFBXやColladaなどあらゆる新しい3Dモデルデータのインポート
  • 3次元および2次元制御による正確で柔軟なテキスト表示
  • スタックやグリッド・コントロールなど2次元のUIレイヤーを拡張したレイアウトシステム
  • 各種のスクリーンサイズにUIを対応させるためのプロポーショナルレイアウト
  • ハードウェアによるテクスチャ圧縮におけるATC、ETC、DXTのサポート
  • プレマルチプライド・アルファによる透過性を正確にレンダリング

使い勝手と生産性に関する機能

  • Context-sensitive access to reference documentation and new quick tutorials
  • Video tutorials to support early learning
  • Visual editing of the UI project with real time preview tools
  • Quick access to materials in new material library
  • Many more improvements to project navigation, event triggers, animation editor…

 

  • コンテキストに応じたドキュメントさん参照と新しいクイックガイド
  • 初心者向けビデオガイド
  • リアルタイム・プレビューツールによるUIのビジュアル編集
  • 新規資料ライブラリへのクイックアクセス
  • プロジェクトナビゲーション、イベントトリガー、アニメーション編集などその他改善点多数

 

改善された機能

  • Easy creation of shadows with shadow map composer
  • Accurate and fast rendering of reflections with cube-map composer
  • User defined custom composers for post-processing effects such as motion blur
  • Significantly reduced run time memory consumption with new resource management

 

  • シャドウマップ・コンポーザによるシャドウ生成の簡易化
  • キューブマップ・コンポーザによるリフレクション・レンダリングの精度、速度向上
  • モーションによるブレなどのポスト処理用コンポーザのカスタム定義
  • 新規のリソース管理機能によりランタイム時のメモリ消費を大幅削減

 

製品ファミリ

  • Rightware Kanzi 2.6 Trial– 30-day free trial for Android development
  • Rightware Kanzi 2.6 Pro version – $999 for Android development with optional iOS development package
  • Rightware Kanzi 2.6 Enterprise version – $10,999 for application and embedded product development on Windows, Android, Linux and QNX

 

  • Rightware Kanzi 2.6トライアル版:Android開発向け30日間無料トライアル
  • Rightware Kanzi 2.6プロ版:999ドル。Android開発向け。iOS開発パッケージはオプション
  • Rightware Kanzi 2.6エンタープライズ版:10,999ドル。Windows、Android、Linux、QNXのアプリケーションおよび組み込み系製品開発用